July 18, 2006

三回目の九イ分で芋圓を

私にとっては3回目の九イ分です。過去2回は雨。だから、九イ分って雨のイメージ。それに九イ分って、シトシト雨が結構似合う気がするんです。
以前、旧正月中に行ってものすごーく混んでいた阿柑姨芋圓で今回は、芋圓を食べたいねと夫と話していました。そこのお店は、階段を上がって、上がって一番上にあるお店で、知らないととてもわからないような場所にあるのに、前回はとても長い行列ができていたのです。
今回は・・・。
今回は、私たちが行ったのがまだ午前中だったせいか、「あれれ??」というくらい空いていました。人がいないとかえって心配。
Cimg2910Cimg2911温かいものか、冷たいものかを選べるので私が温かいものを、夫が冷たいもののを選びました。写真を見ると、冷たいほうがおいしそう。冷たいほうは、下に氷がたっぷり敷き詰められています。温かいほうは、甘いつゆがかけられています。私の大好きな煮豆がたっぷりです。けっこうお腹がいっぱいになります。
海が見える席が奥にあると書かれていたので、店員さんが言うとおり奥に歩いていきました。でも、どう考えても「人の家の中」を歩いているようでした。TVを見ている人の前を通ったり、洗面所の前を通ったり・・・。ホントにあるの?と思いつつ歩いていくと、ありました。たしかに、海が見渡せるところが。今回は晴れていてとっても見渡しが良かったです。こんなに晴れるとは思っていませんでした。ラッキー。
このあと、お茶屋さんでお茶を飲んだり、軽く食事をしたり、あちこちで試食をしたりと、なんだかやっぱり食べてばっかりような気がします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 07, 2006

袋型オブラート

先日、環球購物中心にいった際にJUSCOをウロウロしました。
台北市に住んでいるので、日本の食材にはほとんど困ることがありません。なので、JUSCOの食材に感動することはなかったのですが、雑貨に感動。
トイレクリーナーや、家事手袋のSサイズ!今度、日本に帰ったときにまとめて買おうと思っていたんだよねぇ。というものがありました。いいですね、トップバリュー。
Cimg2840もうひとつビックリしたのが、これ。ドラッグストアに行ったときに思い出しては、オブラートを探していました。見つからないなと、あきらめていましたが、JUSCOで発見。しかも、「袋型」。今はこんな便利な形のものがあるんですね。
オブラートといえば、丸いプラスチックケースに入っていて、当然オブラートも丸い形だったのに。オブラートが丸いから、ケースも丸いのか。
さらに、オブラートと言えば、おばあちゃんと、"太田胃散"を思い出します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2006

桃園へ出かける

日曜日、中国語教室のクラスメイトだった方のお家に遊びにいきました。
桃園というところにあります。台北市内からバスに乗って1時間ほど。中長距離バスはなかなか乗らないので、こうやって少しずつ乗れるようになるとうれしいものです。
Cimg2594Cimg2595Cimg2596Cimg2597Cimg2598Cimg2599Cimg2600Cimg2601
お家は我が家と違ってフローリングだったのがうらやましかったです。人の家は良く見えるなあ。お茶を飲んで、お昼ご飯の外にでました。近所のレストランに連れて行ってもらいました。写真は食べたもの。たくさん食べました。合計6人だったので、こんなにいろいろなもの食べられました。夫と2人だとチャーハンとあともう1品くらいでお腹がいっぱいになるところです。
そのあと、ハイキングに行きました。地元の人にはそれなりに有名なようで、コースが何本かあるようでした。山の頂上は気持ちよかったです。そのあたりでは、標高の高い山だったようで、周りは視界をさえぎるものはほどんどなく見渡せました。

途中、市場に寄って、またクラスメイトの家に戻りました。初めて本格的(?)な市場に行きました。ブタの頭がぶら下げられていたり、鶏が丸ごと一羽、台の上に置かれていたりと衝撃的なものもありました。でも、楽しかったです。

桃園はベッドタウンなのでしょうか。マンションがたくさん建てられていました。そして、そのマンションが豪華なこと。プール付き、ジム付きは当たり前なのかもしれません。

お休みの日に、お邪魔しました。観光雑誌や、インターネットで調べても載っていないところばかり行けて、とっても楽しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2006

チケットの切られ方

ケーキ展に行ったついでにパソコン媒体展も見に行きました。
こちらの展覧会はケーキ展より人が多かったような気がします。男性の割合高し。
CIMG2474これがチケットです。ケーキ展と同じ150元でした。チケット販売所で少し、切られました。そこでチケットを切られたので、もうチケットを見られることはないのかな、と思ったら、建物に入ってから扉のまえで、またチケットを切られました。
点線ないけど、どうやって切るのかなあと思ったら、台湾人そんなの気にしません。思い切り、ビリッと。切られ渡されたチケットがこれです。
大胆だなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 27, 2006

ケーキ展

台北世界貿易センター2館で、ケーキ展が行われるという桃太郎旗の宣伝に釣られ、行ってみました。
CIMG2475一人、150元です。台北101の前でバスを降り、台北世界貿易センターへ向かって歩いて行くと、私たちが向かっている方向からたくさん人が歩いてきます。ケーキのパンフレットを手にした人、ケーキの箱を手にした人たちです。
女性率が高そうです。中に入って、やっぱり、女性が多い。男性が端で待っていて、女性が試食を運ぶ姿もありました。
CIMG2468試食をさせてくれるブースはものすごく混んでいます。私もたくさん、試食しました。ケーキだけでなく、台湾土産で有名な太陽餅やパイナップルケーキを出しているブースもありました。私が一番時間をかけて試食したのは、そういうお饅頭のような中にいれる餡を作っているお店のものです。胡麻餡や、小豆餡、パイナップルケーキに入っている餡等、たくさんありました。餡ってこんなにあるんだ!とビックリするくらいありました。パイナップルケーキに入れる冬瓜餡は、餡だけで食べるものではないなあと思いました。たしかに、パイナップルケーキの餡の味なのに、単独で食べるとさほどおいしくないんです。あの周りの生地と餡で良いバランスになっているんですね。
CIMG2469これは、実際にケーキを売っているところです。飴細工、チョコレート細工の展示コーナーもありました。また、ケーキを焼く業者用のオーブンを展示しているところもありました。餡子をしぼりだす機械が実際に動いているところもありました。しぼりだされた餡がベルトコンベアーに乗り、最後はバケツに落ちるんです。この展示会ではそうするしかないんでしょうけど、なんだか悲しかったです。
ケーキとは全然関係ないブースもありました。登山用ステッキを展示しているブース、健康茶を展示しているブースもありました。
ちょうど一週間前にケーキを山ほど食べたせいか、ケーキを食べたい!という欲望は出ませんでした。でも、ケーキってショーケースに飾られているのがとっても綺麗だから、楽しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2006

旧正月の催し

旧正月中です。福袋目当てなのか、新年の安売り目当てなのか、デパートは人・人・人・・・・。SOGOも微風広場も、台北101もものスゴイ人の数です。1月28日は台北101のフードコートで落ち着いてご飯を食べることができましたが、もう今日なんかはムリっ感じです。
CIMG2419旧正月の催しなのか、それとも通常の催しなのかは「?」ですが、微風広場では"日本のお米を食べようキャンペーン"のようなものをやっています。正確な名前は忘れました。入り口では、着物を着たお姉さんが踊って、その後は一緒に写真撮影サービスもしていました。デパートの地下ではおにぎりを売っていました。日本人のかたがこちらに来て握っているんですよねぇ。昨日は、遊びつかれ、お腹も空いた体で、その近くを通ったのですが、そのおいしそうなこと・・・。家に帰れば、日本から持ってきたお米があるし、おにぎりくらいは作れるので、いくらでも自分で作れますが、他人が作ったものはおいしいんですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2005

基隆廟口百年呉家

台北101の中にあるスーパーで買い物をしたら、ちょうどお昼(よりちょっと早かったか)です。このスーパーと同じフロアにフードコートがあるので、そこでお昼ご飯にしました。ここのフードコートは広くて、お店もたくさんあります。日本の「銀だこ」も入っています。
ウロウロして、基隆廟口百年呉家 というところのものを買うことにしました。ラーメンのように見えますが、ラーメンではありません。
CIMG232010個種類ほどメニューがありました。どれも量が多そうです。食べきれないでしょうから、一番少ないものにしました。フードコートなので、レジのところにメニューが置いてあって、それを指させばいいだけなのに、なぜかこの店だけお客さんが横に並んでいました。メニューを指差すことができないあたりで、何にする?と聞かれました。台湾に着いたばかりのころはこういうのドキドキしたなあ。今日は「9號」と言えました。おばちゃんが、繰り返して「9號」と言ったときに、私の「號」の声調が違うのに気がつきました。が~ん。でも通じました。いいのだ。こうして覚えていくのだから。
私はブロッコリーのサラダのようなものを選びましたが、ほかにも2種類付けあわせがありました。麺は米を蒸して作ったものだそうです(家に帰ってから調べた)。モチモチした食感でした。から揚げ付きです。たぶん、日本のから揚げとは味がちょっと違うと思います。台湾の味付けに慣れたところもあって、どう違うかというのがわからなくなってきました。
これで、100元です。今日は夫は何を食べたかな。ひょっとして、私のほうが高かったりして・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

テーマパーク 六福村

夫の会社のイベントで新竹市にある六福村(LEOFOO VILLAGE THEME PARK)というテーマパークに連れていってもらえることになりました。会社からどのように費用が出ているのかわからないのですが、私たちの負担は交通費込みでもとても安いです。
夫の会社に集合し、バスで出発。バスに乗り込んで点呼なく出発です。点呼無し?誰か乗り遅れた人はいないのでしょうか。心配になりつつも、自分たちはしっかり乗っているので、まあいいか。
CIMG2188一時間と少しバスに揺られ到着。もらったパンフレットを見ると、このキャラクター。"ミッキーゴリラ"と"ミニーゴリラ"以外に何と呼ぼう?夫と二人でディズニーランドを強く意識しているね、と分析しました。この動物がゴリラか、サルかは分かりません。お土産物屋さんをウロウロして、この2人(2匹?2頭?)が"ハッピー"と"ハニー"という名前があることは分かりました。
せっかく来たのだからいろいろ乗り物に乗ろうということで歩きまわりました。正確な名前は忘れてしまったので、日本で乗ったことのある乗り物に例えていうと、スプラッシュマウンテンのようなもの、コーヒーカップのようなもの(バドワイザー提供のためビア樽だった)、フライングカーペットのようなもの、バイキングのようなもの、観覧車のようなもの、空中自転車のようなもの、くらいでしょうか。パンフレットを見るとパレードも催されるようでしたが、天気が悪かったためありませんでした。
CIMG2159さて、これは何でしょう?観覧車です。もしも観覧車の絵を描けといわれたら、一つ一つボックスを描くのが面倒くさいので、私だったらボックスを10個以内にとどめ絵を描くことでしょう。それでも観覧車であることはわかりますよね。そんな正に"絵に描いたような"観覧車をこの目で見ました!冗談ではなく、これはきちんと動きます。衝撃的なのは、人の乗り方です。人を乗せるたびに観覧車が止まるのです。7つのボックスにお客さんが全員乗ったところで、クル~ッと2周しました。しかも、私たちが乗ったら、係員の人が写真を撮ってくれました。乗ったまま一番上で止まっているお客さんもいるのに・・・。そこで誰も文句を言わないのが驚きです。日本だったら、間違いなくお客さんが文句を言い出すところです。人生史上最小の観覧車で2周してきました。
ディズニーランドと常に比較をせざる得ない状況でしたが、まったく違う点がありました。ここには動物園のような場所もあるんですね。ここはなかなか良かったです。トラのような猛獣でもなければオリがありませんでした。列車に乗って園内にいる動物たちを見てまわるアトラクションは面白いものでした。シマウマなんて、私たちが通る際にこちらにオシリを向けフンをするサービスまでしてくれました。そういえば、サルが豊富に何種類もいましたが、この園のキャラクターはここから来ているのでしょうか。
CIMG2147これはLOST WORLDという見てあるくアトラクションの中で撮った写真です。恐竜たちが道沿いにたくさんいるところなんです。歩いて見ている最中、夫が「この恐竜の頭はおばちゃんを後ろから見たみたい」と言っていました。私は大爆笑したのですが、どうですか?表から見たところはたいして笑えるものではなかったと思いますが。この恐竜はスプラッシュマウンテンもどきを覗き込んでいる、という状況のようです。
日本人にとって、園内を見てまわると「なんだこりゃ!」という驚きいっぱいです。そういう意味でかなり楽しめるテーマパークだと思いました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 05, 2005

週末の消費活動

自家用車がないので、たくさん歩くようになりました。いつも履く、靴の中がなんだか変だなあと思ったら、だいぶ靴の中が削れてしまっていました。靴のなかの板のようなものが丸見えの状態です。これは靴下までダメになってしまいそうです。
CIMG2138というわけで、あわてて買ってきました。微風広場の靴屋さんにて。2600元が1800元になっていました。私は足が小さいらしく、日本ではなかなかサイズがあいません。台湾でもちょうどいいのを見つけるのが難しいかと思います。ディスプレイされているものを試しにはいてみるとやっぱり大きい。小さいのがあるか聞いてみると、持ってきてくれました。で、はいてみるとピッタリ。すぐに買いました。家に帰ってもう一度履いてみると、なんだか、左足のほうがブカブカする感じです。これはMade in Taiwanである先入観のためかもしれません。まあ、履いているうちにだいたいちょうど良くなるでしょう。
今朝のニュースを見ていると、広島でも雪が降っているようですね。台北市も寒くなってきました。マンションの管理人のおじさんも寒いらしく、毛糸の帽子をかぶっています。寒いといっても最低気温はまだ10℃を下回ることはありません。
CIMG2137中山站の近くの三越にちょっと立ち寄ったらちょうど良さそうなジャージが売られていました。朝の散歩はハーフパンツと長袖のシャツで行っていますが、寒くなってきたので、ちょっと厚めのジャージがほしいなとおもっていたところです。HANG TENGのものなので、良いかなと思ってこちらも購入。上・下 各499元が2割引きでした。コットン100%なのもうれしいです。
今朝、さっそく来ていつもの大安森林公園に行ってきました。
夫に「そのジャージ、パジャマみたいだね」と言われました。仲間由紀恵がこれを着ていたら、「似合うね」って言うのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 30, 2005

長野県フェア

微風広場で、日本の長野県フェアをやっていました。
新聞やニュースでも出ているようですね。私はおととい、夫からその話を聞いて、昨日早速いってみました。
CIMG2111これが母国日本の長野県のパンフレットの表紙です。いくつか長野県の観光地のパンフレットが置かれていましたが、中国語対応になっていたのはこれだけでした。台湾の人はこの表紙の建物をみてどう思うのでしょうか。着いた時間がよかったのか、そば打ちが披露されていました。試食もできました。これは食べねば、というわけで食べてみました。おいしい。このやさしい味。でもこれも台湾の人にはどうなんでしょう。味にパンチがないなあと感じているのではないでしょうか。乾麺もそこに並べられていました。興味を持った人は買っていっているようでした。でも、この微風広場には常時、そばの乾麺は売られています。店員さんが言っていることはさっぱりわかりませんでしたが、「らーめん」という音と「ピングオ」という音は聞こえてきました。おそらく、そばのことは「ラーメン」と似たものだよ、と説明していたのでしょう。「ピングオ」はリンゴですね。リンゴも売られていたので、その話をしていたのでしょう。
CIMG2114なつかしの安曇野。これは日本語しか書かれていません。なかを広げてみると地図があって、思わず以前の我が家の場所を探してしまいました。家に帰って夫に見せると同じように、この辺に住んでいたよねえ、とやっていました。
そばや、りんごのほかにはワインもありました。ジャムもありましたねえ。漬物や味噌も。
12月11日までやっているようです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧