« みんなで昼寝 | Main | キッチンでの遊び »

February 23, 2009

積み木積めた

先日、娘はリハビリテーション科外来受診のときに発達テストを受けました。
娘は本当にいろいろなことができるようになりました。

自宅では積み木を上手く積んだところをみたことがないのですが、この日は積むことができました。積み木は夫がよく教えています。発達テストのとき、3段か4段積もうとしていました。まだ器用ではないのでナナメに置いたりですぐ崩れちゃうような積み方でしたが、「積むことができる」と判定されたようです。上手く積めなくても、娘に“積む”という概念があることがうれしかったです。

透明な瓶に入れられた鈴(フタはしていない)。これを自分で出せるか、と言うテストもありました。最初は指を突っ込んだ娘。どうも取れない。理学療法士さんも私も、ジェスチャーで“ひっくり返す”んだよ、と娘に教えました。するとひっくり返して瓶を振りはじめました。ひっくり返した角度が浅いため出てくることに時間はかかったけど、これも「鈴を出した」となりました。

えんぴつを持たせたテストもありました。自宅では直線の往復しか書いたことのない娘。なぜか、テストの日は円を書いたのです。これにはビックリ。偶然?と思い、もう一度書かせると今度は、円は書かないけど三角のようなものを書いていました。これについては採点のとき、調べて判定すると理学療法士さんは言っていました。

顔の場所を言われたらその場所を指差すかというテスト。
娘はどの場所を言っても耳を指差しました。でも、鼻はわかっているんだろうなぁ。自宅では「鼻」って言うと鼻に指を突っ込むので。それよりも、「足」、「手」、「お腹」と言うとそれを指差したり動かしたりします。理学療法士さんが言うには顔の場所を指すより、手足の場所を指差すほうが高等なのだそうです。

もちろんこのほかにもテストはありました。それにしてもいろいろできるようになっていてびっくりでした。
「魔の二歳児」ということばがありますね。娘の知能が本当に今一歳半くらいだとしたら、二歳の誕生日とそう変わらずあと半年で突入です。娘の二歳もやっぱり“魔”になるのかな・・・。

今日のお弁当
R0011248

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

にほんブログ村 料理ブログ パパ弁当へ

|

« みんなで昼寝 | Main | キッチンでの遊び »

娘のこと(日本帰国後)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54316/44150820

Listed below are links to weblogs that reference 積み木積めた:

« みんなで昼寝 | Main | キッチンでの遊び »