« 鼻づまり | Main | 鬼は外 福は内 »

February 02, 2008

役立つ リハ椅子

病院のリハビリテーション科から借りたリハビリ用の椅子、退院のときに自宅でも借りられるようにしてもらいました。
病院では場所の心配ないけど、自宅だとジャマになるだけかなぁと思っていました。ところが予想外に役立っています。機嫌が悪く、泣いて困るときはそれに座らせ、ゆらゆらしてあげると泣き止みます。ゆりかごのようです。
離乳食を進めるにあたり、夫や私がご飯を食べているところを見せたいときもリハビリ用の椅子に座らせます。食べるところを見て、娘も口を一緒に動かします。

これはおもちゃの椅子
R0010710
おもちゃ屋さんに行ったときに買いました。この椅子についていたイメージ図の赤ちゃんの大きいこと、大きいこと。多くの赤ちゃんってこんな大きさなのね~。
昨日からかな、よく声を出すようになりました。不満のときに出す声が多いかな。
自宅に戻って不安なのか、私がちょっと離れると泣きます。リビングからキッチンが見えるので、私のことは見えるはずなのにダメ。3メートル離れるとダメですね。
前回の退院ではそんなことなかったのに。ちょっと前までいた場所と違うぞというのがわかるようになってきたのですね。私もこのくらいの時期ってこんなに「おか~さ~ん。おか~さん。ここにいてよ~。」って感じだったのかな。
土日は夫が娘を見てくれるのですごく助かります。

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

|

« 鼻づまり | Main | 鬼は外 福は内 »

娘のこと(日本帰国後)」カテゴリの記事

Comments

娘ちゃんの成長だね、不満を声に出すこと、お母さんが近くにいないと泣くこと。なつかしいなあ。
子どもの性格によってはそれがずーっと続く子もいて、トイレも戸を閉めて入ることもできないっての聞いたことあります。家はほんの1ヶ月もなかったくらいだけど、息子はそういうのあったな。娘は泣かなくても夕飯作るのじゃまされることが多かったから、よく背中にいました。重かったけど・・・ でもそばにいれば安心してくれるって母の実感できて嬉しいよね♪

Posted by: あらちゃん | February 02, 2008 09:14 PM

あらちゃん さん
コメントありがとうございます。

せめて、リビング-キッチン間は見えているのだから泣かないでほしい…。娘にとってはどこかに消えてしまうと感じるのですかねぇ。
私なんかでも娘にとっては「お母さん」てだけで泣き止むのですごいです。
娘はいつまで続くのだろう。

Posted by: かな | February 03, 2008 08:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 役立つ リハ椅子:

« 鼻づまり | Main | 鬼は外 福は内 »