« 娘 誕生から2週間 | Main | 漬ける前の梅がおいしい »

June 28, 2007

ちっちゃい ちっちゃい肌着

娘は生まれてすぐ、NICU(新生児集中治療室)に入りました。ここは病気があったり、とっても小さく生まれた新生児が入院する部屋です。手術後はICU(集中治療室)にいました。こちらは、新生児だけでなく、もっと大きな子どもたちが入院している部屋です。“集中”治療室っていうくらいなので、ある程度症状が軽くなればこの部屋を出て普通の病棟に移ることになります。
娘の場合は小さいし、まだ“新生児”のうちなので、ICUからNICUに移ることになります。
ICUにいるときに、「点滴の数も一つになったことだし、服を用意していれば持ってきてください」と看護師さんに言われました。いろいろ診てもらう関係で、かわいいロンパースを着ることはできないけど、肌着くらいは着せられそう、ということのようです。
考えてみれば、オムツをしているだけで娘はおっぱい丸出し。大きなタオルで包まれているし、ヒーター付きの立派なベッドを使わせてもらっているので、寒くはないでしょう。だけど、そう言われるとぜひ着せてあげたい!!
ところが、全然赤ちゃん用の服って一着も用意していませんでした。妊娠中に買う気になれなかったのです。生まれてきてくれたので、いよいよ買う気になりました。でも必要になるのは退院するときだと思っていたのです。
昨日、さっそく買ってきました。
Cimg4227
ちっちゃい・・・。それでも娘は普通サイズよりまだ小さく生まれたので、この一番小さい肌着でもブカブカのことでしょう。

さて、昨日ようやくNICUに移れることになりました。NICUが急に混んだそうで、なかなか移れなかったのです。
昨夜、NICUへ面会に行った夫よりメールが届きました。
“「NICUでは着るものは全部、病院で用意するので持ってきても着せられません。」だって”
あぁぁぁ。そうかぁ。ICUにいるうちに一回でも着せてあげたかった・・・。
まあいいか。
娘を想って服(って言っても肌着だけど)を見て買うことができたのが、とてもうれしかったです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

|

« 娘 誕生から2週間 | Main | 漬ける前の梅がおいしい »

娘のこと(日本帰国後)」カテゴリの記事