« 土蔵の前の木蓮 | Main | 家の中を蟻が歩く »

May 04, 2007

折り紙で鶴を折る

知人のために千羽鶴を作っています。だいぶ前に、具合が悪そうなことは聞いていたのだけど、最近、千羽鶴を作ろうをいうことを思いつきました。

インターネットで調べると、千羽鶴キットっていうものが売られているのですね。折り紙から、鶴をまとめる糸、どこかに掛けるための輪、とぜ~んぶ入っているようです。お値段が8000円~だったので、びっくり。さらに、千羽鶴を売っているサイトも見つけました。990羽まで折られていて、残り10羽を購入者が折る、というもののようです。千羽鶴も商売になっているんですねえ。

私は、1000枚で600円という折り紙を買いました。千羽鶴用です。糸などは、後から手芸屋さんで買う予定。千羽鶴キットを買うより断然安いだろうと思っています。

実家の茶の間で折っていると、妹や弟も時々手伝ってくれます。母は「もう手先が細かく動かない」ということで途中まで折ってくれます。そして、指が太いので多分折るのは無理だろうと思っていた父も昨夜、折ってくれました。

Cimg3734
父 作の鶴 一回目

母のように、途中まで折ってくれればいいよ、と言ったのに最後まで折ってくれました。でも父はこの一回目の出来に不満のようで、「なんで、首がねじれるんだ。気持ち悪いからもう一枚!!」と言って再挑戦。

Cimg3735
父 作の鶴 二回目
上達しています。

7センチ×7センチの折り紙で、父の歳で鶴を折るって難しいことでしょうねえ。

一番上手なのは、夫ですね。GW中に夫が来て、やっぱり折ってくれました。どんなに強く折り線をつけているのか、私が折った鶴となんだか、厚みが違う・・・。

もうすぐ1,000羽になります。きれいなグラデーションにしてつなげたいのだけど、うまくできるかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

|

« 土蔵の前の木蓮 | Main | 家の中を蟻が歩く »

日本での生活のこと」カテゴリの記事