« 父 還暦 | Main | 小川の庄 囲炉裏でおやき »

April 24, 2007

小川の庄で食べたもの

小川の庄はおやきが有名ですが、今回は父の還暦祝いのお食事会ということだったので「田舎懐石」というのを注文しました。
いろいろでましたが“田舎”っぽいものをブログに載せます。

Cimg3685
福神漬け。野菜が大きめに切られています。買ったものと違いますねえ。着色料が入っていないだろうし。

Cimg3689
これが、有名なおやき。中身は卯の花でした。

Cimg3690
メニューには“そばすうぷ”って書かれていました。蕎麦湯に出汁が入っているってことですね。最後に蕎麦湯が出てくるのかなと思っていましたが、出てきませんでした。父は蕎麦湯が大好き。でも、このスープが気に入ったようです。

Cimg3693
煮物
フキが入っていました。もうフキがあるの!?と思いましたが、去年のものを保存しておいたのでしょうね。でも、どうやって保存しておいたのでしょう。茶色くなってしまいそうなのに。

Cimg3698
“おぶっこ”
おやきの次に自慢の品ではないでしょうか。実家では「おぶっこみ」とか「ぶっこみ」と呼びます。長野県だけの食べ物ですよねえ。

Cimg3703
てんぷら
お店で食べるてんぷらは、パリっとしていていいですねえ。シメジが大きかったなあ。これはなんだろう?というものもありました。

Cimg3704
そばせんべい
のっている味噌は、“にんにく味噌”と“フキ味噌”の二種類。かわいい大きさのそばせんべいでした。実家のはデカイ、デカイ。実家で作ってもらうものは何でも大きい気がする。おやきも。モチの切り方も。家庭では採算なんて考えてないですからねえ。

Cimg3707
そば
そばは食べ放題です。いろんなものが出てきて最後に、そばが食べ放題・・・。そんなに食べ切れません。おろしたてのワサビがうれしい。

実は、食べきれないであろう・・・と予想していたので、タッパーと保冷剤を持っていきました。でも、お店のおばちゃんが「食べきれないものは持ち帰って」とプラスチック容器を持ってきてくれました。茶碗蒸しのようなさすがに持って帰れないもの以外は全部詰めて持ち帰りました。持って行ったタッパーだけでは足りなかったですねえ。

このあと、お土産を買ったり、おやきを焼いているところを見に行ったりしました。おやきを焼いている写真はまた明日載せます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

|

« 父 還暦 | Main | 小川の庄 囲炉裏でおやき »

日本での生活のこと」カテゴリの記事