« "お節料理"の案内 | Main | 野菜たっぷりカボチャのスープ »

November 03, 2006

大学近くの食べ物屋さん開拓

若くみられたい、というのが世界共通でしょうか。
クラスメイトと歳はいくつだ、という話をしていたのですが、インドネシア人たちは、16歳とか18歳とか全然違うだろッていう歳を言ってきます。

クラスの日本人女性は、私と、大学4年生、大学2年生の三人です。
インドネシア人のクラスメイトに、私たちがいくつくらいに見えるか?と聞いてみたところ「みんな同じくらい」との返事。
私は「あなた、いい人だね」と言っておきました。
6、7歳も下の子と同じくらいに見えた!!
でも、やっぱり若く見えたんじゃなくて、私は幼く見えたんだよね。それに化粧の仕方かな。

学校の周りのご飯屋さんを全然、開拓していないです。
それを思い出し、"永康自助餐"に行ってみました。何種類ものおかずが並んでいるところから、指差しで、お店のおばちゃんにお皿に盛り付けてもらう方式の食堂です。

Cimg3444

なんだか、ベジタリアンの食事のよう・・・。
肉コーナーは油っぽそうで、食べたい感じがしませんでした。
これで、65元。肉類、魚類があれば、もうちょっと高いでしょうね。
スープは筍スープを選びました。今度、利用するときはスープはいらないかな。
ご飯が大盛り・・・。こんなに要らないのに。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 料理ブログへ

|

« "お節料理"の案内 | Main | 野菜たっぷりカボチャのスープ »

台湾生活 日常」カテゴリの記事

Comments

確かにかなさん若く見えますもんね!
かなさんと私が一緒非歩いてたら、きっと中学生扱いですよ(笑)
でも、かなさんは性格が落ち着いてるからな…。
羨ましい。
あっ、
あと数ヶ月でそっちに行きます。
今のうちどんどん開拓して、私をお勧めの店に連れてって下さい!

Posted by: あゆみ | November 03, 2006 09:02 PM

東京ディズニーランドもまだ"中人"で入園できるかしら・・・?

着々と準備しているね。
それに間に合うようにお店、開拓しなくちゃ!!
クラスメイトはペーパーテストでは同じくらいのレベルの人と一緒なんだな、と感じるけど、いざ、"話す"ということになると、レベルの差、大!
なんたって、こっちで働きながら勉強している人が多いから。家に帰ると夫と日本語で話している私とは差がつくばかり。
日本の中国語教室で"話す力"をがんばって今以上につけてね。
でも、初めてあゆみさんと中国語教室で会った時は"すげ~。中国語ペラペラな人だ"って感想を持ちました。

Posted by: かな | November 04, 2006 09:02 AM

こんにちは、スタッフZと申します。
こちらに永康自助餐の記事があったので、TBさせていただきました。ありがとうございます。

Posted by: スタッフZ | November 01, 2009 04:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大学近くの食べ物屋さん開拓:

« "お節料理"の案内 | Main | 野菜たっぷりカボチャのスープ »