« 晶華酒店のBRASSERIE | Main | バスの中に・・・!? »

October 13, 2006

ジムで気づいたこと

ジムのトイレで手を洗っていたら、お掃除のおばちゃんが来て、「肌が白いねぇ」と言ってくれました。外見については、まぁったく自信のない私ですが、唯一、この肌の白さは自慢できるところです。お掃除のおばちゃん、わざわざ口に出して私に言ってくれてありがとう。
あと、もう一つ、外見で自慢するなら、笑っても、歯茎のでない口ですかね。でも、歯並びはすこぶる悪いので、そこは自慢になりません。

クロストレーナーを使って運動をしていたら、となりのとなりに、欧米人の女性が来ました。クロストレーナーの向いには、鏡があって自分の体の動かし方の様子をチェックすることができます。
なんとなく鏡をみていたら、欧米人の女性と私の顔の大きさがものすごく違うことに気が付きました。もともと、他の人にこの顔お大きさは負けまい(私のが大きい)と思っています。でも鏡でこんなにしっかり分かると悲しい。
身長は欧米人の女性のほうがちょっと高かったかな。それなのに、彼女のほうが私より、ふたまわりも小さい。
私の左となりのとなりに、台湾人のおばちゃんがやはりクロストレーナーを使ってトレーニングしていました。私と、そのおばちゃんの顔の大きさがどっこい、どっこい。
どうして、アジア人と欧米人はこんなに顔の大きさが違うのでしょう。
ジムで汗を流し、部分部分の筋肉を鍛えれば、少しは体の形が変わりそうですが、顔の大きさはどうにもこうにも変えることができなそうです。もう一つ、足の長さもジムで鍛えることではどうにもならないですね。

私の通っているジムは外国人が多いです。たぶん、台北市内のジムは外国人が多いでしょうね。
欧米人は外見で、台湾人にとって「外国人だな」とわかるけど、日本人は似たような顔をしているので、あまりバレていないでしょう。だから、ジムにいるときに、電話がきて私が「もしもし?」と出ると、「おお、日本人か」というように、注目の的になります。

ただ、受付のお姉さんは私を"毎日ジムに来る日本人"として覚えてくれているので、「こんにちは」「おはよう」「ありがとう」「つかれましたか?」「ハ~イ!かなちゃん」等、声をかけてくれます。

ジムの会員になって5ヶ月。一日でも汗をかかない日があると気持ちが悪くて仕方がないです。もう"ジム狂"。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 料理ブログへ

|

« 晶華酒店のBRASSERIE | Main | バスの中に・・・!? »

台湾生活 日常」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジムで気づいたこと:

« 晶華酒店のBRASSERIE | Main | バスの中に・・・!? »