« 実家の栗 | Main | エリンギ丼 »

October 07, 2006

ハズれた外食

新光三越も、週年慶が始まりました。三越は、15年だそうです。そんなに前からあったんですねえ。
一番よく行く、新天地店は、まだ5,6年ってところなのかなぁ。
そんな三越を冷やかしに(先週は微風広場を冷やかしに)行きました。良いものがあれば、夫の出張用のスーツケースでも買いたいところです。

平日は、大丈夫かな?ってくらいにお客さんのいない化粧品コーナーにお客さんが群がっていました。この時期の化粧品コーナーはどのデパートもすごいですね。ひょっとして、みんなこの時期に一年分買っているのでしょうか。
私は、日本でもデパート内にあるような化粧品コーナーで買ったことがないので、台湾でもこのようなコーナーでは買いません。

ちょうど、お昼の時間なので、お昼ご飯。
三越のA9館の6階の"変臉"というところで食べました。

Cimg3305
チャーハン


Cimg3306
宮保鶏丁
これ、辛いんですよね。食べるのは2回目か、3回目。覚えているのは、iR CHINAというお店かな。これは、iR CHINAのほうがおいしいです。iR CHINAは四川料理専門店だから辛いものばかりで、宮保鶏丁も辛いんですけど、おいしいです。
「今日のは、ピーナツだね。カシューナッツのほうがいいなあ。今日はチャーハンもなんだかハズレ」と夫が言っていました。私の感想も同じ。

このほかに、キャベツの炒め物。

Cimg3311
そして、デザートに酒譲湯圓。これ、九如でしか食べたことがないんですけど、結構アルコールが強いです。
ココのお店のものはそれほどアルコールは強くありませんでした。ゴマの湯圓がおいしい。夫と「デザートは当たりだったね。」と言いながら食べました。

このお店の横にもうすぐ"さぼてん"ができるようです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

|

« 実家の栗 | Main | エリンギ丼 »

台湾生活 食べる」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハズれた外食:

« 実家の栗 | Main | エリンギ丼 »