« 台湾の現実 | Main | アイスを食べたくなる暑さ »

May 11, 2006

グアムの思い出 2

Cimg2740グアムは恐ろしい、湿度でした。持っていった旅行雑誌をテーブルの上に出しておいたら、こんな風に表紙が曲がってしまいました。ホテル内においてあった新聞もテーブルの上に置いておいたら、ふにゃふにゃ。
ベランダへ出る扉には
・防犯のために、扉を開けっ放しにしない
ということと
・部屋に湿気を入れないために、扉を開けっ放しにしない
ということが書かれていました。なるほど。本当に湿度が高いです。

バスルームはその湿度をさらに感じさせてくれます。トイレの便座が常に濡れている・・・。これは、あまりの湿度の高さに、ついに、水滴になってしまっているんですね。これは気持ちがわるかったですね。

日本人の多いGuam Reef Hotelでしたが、夫が期待の「ウォッシュレットトイレ」はありませんでした。

|

« 台湾の現実 | Main | アイスを食べたくなる暑さ »

台湾生活 日常」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グアムの思い出 2:

« 台湾の現実 | Main | アイスを食べたくなる暑さ »