« ecoffeeというコーヒー屋さん | Main | 桃園へ出かける »

April 01, 2006

上海故事

Cimg2560Cimg2561Cimg2562家から本当に近いところにある上海故事というところに行ってきました。観光雑誌には一人600元~が目安と書いてあって、高価そうです。
あまり大量には食べられないので、頼んだものはこの3品。
来ているお客さんは接待で来ています、という感じの人たちが何組かいました。またきちんと予約を取って個室で食べている人たちもいて、この様子からなかなか高級なお店なのかもという気がしてきました。
夫はロングTシャツで来てしまったので、こんな格好で来てよかったのか、とそわそわしていました。だんだんお客さんが増えてくるにしたがって、トレーナー姿の人もいて安心したようです。

ここなら、日本から親や友達が来たときに連れてくるのに、ちょうど良いね~、なんて話をして食べていました。帰りにお店の階段を下りながら、来るときに見た貼り紙をまた見ました。
そういえば、「○月○日で、ここのビルの契約が終わるので、今度は中山國中站の近くに引っ越します」という貼り紙がありました。
せっかく、家のすごく近くで、良いお店の見つけたのに引っ越しちゃうなんて…。

メニューは怪しい日本語も書かれていてそれも面白かったです。
チッキンのスープ → たぶん、チキンスープ
コカ・コーテ → たぶん、 コカ・コーラ

などなど


|

« ecoffeeというコーヒー屋さん | Main | 桃園へ出かける »

台湾生活 食べる」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上海故事:

« ecoffeeというコーヒー屋さん | Main | 桃園へ出かける »