« 糖朝 | Main | BELLINI »

March 05, 2006

京兆尹

渡辺満里奈が書いた本で有名になった「回留」というお茶のお店が家から歩いて30分ほどのところにあります。
お茶屋さんだけあって、料理はお茶が使われたものがでてくるそうです。肉類はなし。
お昼はそこに行ってみようか、ということになりました。なんとなく、インターネットで情報を調べると、口コミの評判があまりよくないんです。それをみて、行きたくなくなりました。

CIMG2477ではどうしようか、と考え、歩いて20分ほどのところにある京兆尹にいくことにしました。観光雑誌にはたいてい載っている有名なお店です。でも、広い道路からちょっと入ったところなので、ツアーで連れてきてでもしないと見つけにくいかもしれません。お店に入ってみると、店内がにぎやか。ここは宮廷菓子が有名なところなので、期待してしまいます。
CIMG2478CIMG2479CIMG2481CIMG2482CIMG2483CIMG2484
最初にサービスでトマトが出てきました。日本のプチトマトは真ん丸ですが、出てきたトマトは長細いです。
黄金チャーハンと、青菜の炒め物、そして、お菓子を2種類注文しました。
メニューを見てみると、コース料理もあるようです。夫がちらっと見ていましたが、「これは高い」と言ってすぐに
閉じてしまいました。私も見てみました。ランクがいろいろあるようで、品数・内容が良いものは確かに良い
値段がついていました。
CIMG2485お菓子はなかなか凝っています。このお菓子には字が書かれています。「感恩」とありました。レジの周りにはお菓子がたくさん売られていました。せっかく宮廷菓子が有名なところにきたのだから、買って帰らねば、と思いクッキーを買いました。クッキーといっても洋菓子っぽくなく、中華な感じです。うまく表現できないですが。

雨降りだったこの日。お店でゆったりと過ごすことができました。
今月末、夫の両親が台湾に来ます。どこでご飯を食べようか、今考えているところです。ここも雰囲気がよくて良いなあと思いました。

|

« 糖朝 | Main | BELLINI »

台湾生活 食べる」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京兆尹:

« 糖朝 | Main | BELLINI »