« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

March 31, 2006

ecoffeeというコーヒー屋さん

なんでこんなにコーヒーショップがあってもやっていけるのかと思うほど、コーヒーショップが多い台北市内。
中国語教室に歩いて行く15分間の間に3件コーヒーショップがあります。道路の反対側もあわせるとその倍あるのかもしれません。
面白いコーヒーショップはeoffeeというところ。
あまり店名が大きく書かれていなくて、そのかわり看板に書いてあるのが「35元のおいしいコーヒーは無いなんて誰が言ったの」という言葉です。
今日通ったら、小さい黒板に日本語が書かれていました。
「きょうのみものとコーヒー」

・今日の見もの と コーヒー
・今日 飲み物 と コーヒー
2つの訳が浮かんだのですが、もっと他のことを書こうとしたのかな。
字はていねいに書かれていたので、読みやすかったです。

飲食店は黒板にメニュー書いてだしてあるところが多いです。どこかが始めるとみんな真似をするんですね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2006

チーズケーキ

夫の誕生日に夫の好きなチーズケーキを買ってきました。

インターネットでチーズケーキのおいしそうなところを探しました。ちょうど家から歩いていける範囲に良さそうなお店を見つけました。「原點 」というお店です。前に行ったときはお休みだったので、今回こそ!
場所は台北市に住んでいないとわからないようなところです。お客さんはちゃんと来るのかな?と思いましたが行ってみるとすでに2人先客がいました。
店中のパンや、お菓子をちょっとずつつまみ食べているおじいちゃんがいました。だいたんな試食だなあと思って見ていたら、そのおじいちゃんはお店の奥に入っていきました。お店の人?
Cimg2554期待していたより、チーズが濃くなかった・・・。福華飯店のパン屋で売っているチーズケーキとさほど差がありません。
チーズの濃いチーズケーキベスト2は"吃吃看"と台北101に入っているパン屋さんのケーキです。
台北101に入っているパン屋さんのケーキはパンと同じ棚に陳列されているんです。ケーキのショーケースもあるのに、チーズケーキだけなぜか、パンと同列。そして、いつも試食ができるのです。買ったことがないのに、チーズケーキの味を知っているのは、何度も試食だけはしているから。
今度チーズケーキを買うときは、台北101の中のパン屋さんのものを買おう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2006

我が家のPSEマーク

CIMG2539-1PSEマークなんて、コトバは1ヶ月ほど前に初めて聞きました。でも、PSEマークに関することってだいぶ前に成立した法律なんですね。
今は台湾で暮らしているので、PSEマークの付いているものは全くないと思ったら、ありました。
日本から持ってきたオイルヒーターに。夫はすでに知っているかと思って、遠慮がちに「オイルヒーターにPSEマークが付いているんだよ」と言ってみました。すると、夫は「知らなかった」との返事。
勝ったぁ!私が先に見つけました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬季戀歌

CIMG2538あれだけ話題になった「タイタニック」という映画、私は結局見たことがありません。あまり、長い時間画面の前にいるガッツがないので、おそらくこの先も見ないでしょう。
そして、あの「冬のソナタ」も見たことがありません。世の中の、映画「タイタニック」を見た率より、「冬のソナタ」を見た率の方が低そうですが。
台湾では今、「冬のソナタ」が放送されています。見る気が全くないので、チャンネルを回したときにたまたま映った場合はしばらく、見ています。今日で見るのは2回目です。私が見ない間に当然どんどん話は進んでいます。

前回は、ヨン様(役名不明)と、ヒロイン(の名前は何?)と他友人4人と冬なのに、キャンプに行っていました。時間は流れ、今回は、スキー場のあるような山に来ているようです。
なぜ、寒い時期に山ばかり行くのだろう・・・?と思ったのですが、「冬のソナタ」というくらいですから、寒い映像ばかりになるわけですね。

制服を着たヨン様はヨン様じゃないみたい。私が知っているのは、みんながモノマネするようにメガネとマフラーがないとわかりません。今日見たら、ちゃんと(!?)メガネとマフラーをしていました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 22, 2006

マッサージで治った

先日マッサージに行ってきました。
前回とは違うマッサージ屋さんに行ってみました。平日の昼間だったので、客は私だけでした。
足裏と全身マッサージ1時間半コースをお願いしました。

マッサージは前回行ったマッサージ屋さんと内容はほとんど変わりませんでした。
マッサージ師さんが、私のスネにある青アザを見つけました。これは、SOGOのエスカレーターに乗っているときに余所見をして足を柵にぶつけた痕なのです。一週間ほど経っていましたが、青いアザが残ってしまったのです。
お客さんがいなくてヒマだったのか、マッサージ師さんが、薬を取り出し、足に塗ってくれました。10分ほど塗りこんでくれたと思います。
家に帰ってみると、そこが真っ赤になっていました。そして、青アザだった範囲より広がっています。治るより広がっている・・・。翌日もそのままでした。
ところが、マッサージに行って4日ほど経ったときに見たら、アザや赤かったところが、消えています。スゴイ。
足裏や、全身マッサージの効果は分からなかったけど、アザを消してくれたのは素晴らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2006

朱記餡餅粥店

家から歩いて15分ほどのところにある朱記餡餅粥店に行ってきました。
電車からもにぎやかな道路からも離れて、なんだか不便な場所にあります。ところが12時前にお店に入ったのにすでにお客さんがいっぱい。どこからこんなに人が集まってくるのでしょう。
CIMG2529CIMG2530CIMG2531真ん中の写真、牛肉餡餅を食べていると相席した地元の台湾人のおばちゃんが「こうやって、肉汁を吸いながら食べるのよ」と教えてくれました。そう、これは肉汁がおいしいのです。それは、知っています。上手に食べないと、噛んだときに、肉汁がピッと出る上に、熱いときに食べたらヤケドしてしまいます。おばちゃんは「ほら、こうやって」と自分の牛肉餡餅で実際にやって見せてくれました。
牛肉餡餅は、半畝園のほうがおいしいかな。
お店の名前に粥という文字が入っているので、お粥(小米粥)が有名なのですが、私たちのお腹にはもう入らなそうだったので、注文しませんでした。

注文は自分でメニューに○をつける方式です(台湾はこの方式が多い)。ところが、まったく値段が書かれていませんでした。一階には値段の書いた一覧があるのですが、チェックするのを忘れました。
会計前にふたりで想像しました。
夫は440元、私は400元切りの予想。
結果・・・240元。
一人120元(1元=約3.5円)です。
外食したのに、食事内容のバランスがまあまあな上、安い。台湾のいいところです。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 20, 2006

HOOTERS

HOOTERSというところに行ってきました。

日本から上司がやってくるということで、その上司をこのHOTTERSというお店に連れてこようと夫は考えていました。ところが、その上司は「その店じゃなくて、向かいのお店に行きたい」と言ったそうで、結局行かなかったのだそうです。前日、夫は実際にお店まで行って(店内には入らなかったけど)下調べしたのに・・・。
お昼も営業しているということだったので、行ってみました。
チェーン店のようです。他に上海にもあるようですね。本店はアメリカのようです。

昼間なのに、中に入るとランニングシャツでホットパンツのお姉さんが迎えてくれます。でもイヤラシイお店ではないです。
CIMG2523CIMG2526夫は、鶏の照り焼きプレート。私はから揚げの上にマリネ液がかかったようなプレートを選びました。付け合せの人参が不味かった・・・。まるで、リンゴがボケてしまったような感じ。夫も人参は残していました。
このあと、迪化街に行く予定だったので、このレストランでトイレを借りました。

トイレが以外と綺麗でした。好印象。設備そのものが新しいとか、高機能というわけではなく、しっかりと掃除をしているんだな、と感じさせてくれます。台湾のトイレはたとえレストランでも汚いところもあるので、ここは好評価です。ホットパンツねーちゃんと、きちんと掃除されたトイレのギャップが私に感動させるのでしょうか。夫もトイレに行ったので、どうであったか聞くと「20年くらい前のスキー場のトイレの設備なんだけど、すごく綺麗に掃除した感じ」と言っていました。まさにその説明が合いますね。

この日は、夕飯は鼎泰豊に行きました。3回目でしょうか。初めてここのトイレを借りました。入ってみると、ウォシュレットトイレでさらに、自動洗浄付きでした。そして、ピカピカ。もう日本人向け!!!!
私が旅行添乗員だったら、「さあ、トイレに行きたい方はこの鼎泰豊で借りましょう。とても綺麗ですから!!!」と言ってしまいそうです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2006

悠遊カード

台湾の便利な乗り物MRT
CIMG2313台北市に住んでいてMRTや路線バスに乗るなら悠遊カードがあると便利です。このカードの仲にICチップが入っています。専用の機械で、お金をチャージします。改札を通るときや、バスを降りるとき(乗るときの場合もあり)に、機械にピッとあてるチャージした金額が減るようになっています。

台湾に着いてすぐにこれを買いました。あまり時間が経たないうちに、改札でひっかかりました。ピっとやっても"ブー"という音が出るだけで、ちゃんと認識してくれません。まだ言葉がまったく分からなかったのですが、駅員さんに助けてもらいました。
そして、また同じ駅で同じことが起こりました。そのときも駅員さんに助けてもらいました。そして、駅員さん、前回の件で、日本人がこの辺に住んでいるということを知ったのでしょう。分かれるときに「サヨナラ。サヨナラ。」って言ってくれました。日本語を勉強したのですね!!!
次、会ったらもっとボキャブラリーが増えているかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2006

バク天

台湾でも、爆笑問題がでていた、「バク天」というバラエティ番組の放送が始まりました。
昨日、偶然見ました。

昨日は面白いお弁当の紹介をしていました。そこに、"かけそば"が出てきました。ビニール袋に茹でたそばが入っていて、別の袋にツユが入っている、というお弁当でした。そこにお弁当を作ったお母さんからの手紙も添えられていました。「そばの入った袋にツユをいれ、よくもみほぐしてから、食べて」という内容のものでした。
そして、どうやって食べたのか写真が紹介されました。ビニール袋に箸をつっこんで食べていました。爆笑問題や、他のゲストも大爆笑
という内容でした。
すべて、中国語(北京語)の字幕が入っているので、台湾人にも内容は伝わります。

台湾に来てビックリしたのが、つゆに入った麺類や、スープをビニール袋に入れてお店からテイクアウトしていくことです。今は慣れてしまい、イチイチ目につきませんが、スゴイ光景です。ビシッとスーツを着こなした美人OLもつゆに入った麺をビニール袋に入れて下げて歩きます。一緒に、どんぶりサイズの紙コップをお店が渡してくれるので、食べるときはそこに移して食べるのでしょう。
でも、でも時々、ビニール袋から直接食べている人もいます。これは衝撃的!! 最初はショックを受けたものです。今なら「ああ、食事をしているなあ」と思うだけです。

台湾では時々見る「ビニール袋から直接、麺類を食べる」という行為は日本人から見ると、爆笑であるということに、バク天という番組を見た台湾人は驚いたかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2006

日本に帰る人

私は、台湾に来てまだ半年経っていませんが、日本に帰ってゆく人もいます。
夫の会社の日本人スタッフで赴任任期が終了となる人がいます。奥さん、お子さんも台湾に来ています。
今日は、奥さん会で、送別会をしました。

4月1日に日本に移動するそうで、今は荷造りと他の送別会に出ることで忙しいようです。その方は5年いた上、お子さんも三人いるので、荷物も多くて大変と言っていました。
茶器がたくさん出てきてビックリしたという話もしていました。きっとかわいい茶器を見かけるたびに、買っていたのでしょう。我が家も買いました、茶器。最近使っていませんね。忘れられて、日本に帰るときに思い出される存在になってしまうのでしょうか。

日本に帰る際は、何を買って帰ろうかという話で盛り上がりました。決して"お土産"ではありません。日本で買うより、台湾で買ったほうが安いものは、こちらで買って持ち帰ろうということです。それに該当するものって、あるのかな。台湾で売っているものは確かに安いけど、すぐに壊れるからなあ。
ああ、魯肉飯の上にのっている味つき肉の缶詰は買って帰りたいですね。たぶん、あれは日本ではないでしょうし、自分で作ることもできなそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2006

交差点で見たもの

中国語教室が終わり、自宅に向かっていました。
自宅付近で一番大きな交差点で事故があったようでした。

郵便局の車の下にスクーターがあります。運転していたであろう郵便局のおじさんは、車のそとに出て、警察を待っているようです。スクーターに乗っていた人はケガをして、すでに救急車で運ばれたのでしょうか。スクーターの運転手らしき人は見当たりませんでした。
大きな交差点ですので、他の車がじゃんじゃん通り過ぎていきます。
誰の説明なしでも、交通事故であることは分かります。通り過ぎる人は、横目で見ていきます。

ところが、やっぱり台湾!!
横断歩道を渡ってきた、女性2人が、事故当人の郵便局のおじさんに「どうしたの?」と聞いています。そして、郵便局のおじさんも「いや~、俺が・・・(その後はナニを言っていたのか分からず)」と答えています。

たぶん、郵便局のおじさんと、横断歩道を歩いていた女性たちとは知り合いではないと思います。違うなあ、やっぱり台湾だなあ。話しかけられたおじさんもスバラシイ。ちゃんと答えているのだから。こんなときにも台湾人は他人を受け入れてくれるらしい。

私が郵便局のおじさんの立場だったら「見ればわかるだろー!!話しかけるなァ!!」と言いたいところです。日本だったら、「どうしたの?」なんて聞いてくる人はいないでしょうから、そんな風に言わなくて済みますが。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 10, 2006

菠蘿とは?

台湾のパン屋さんで、菠蘿というものが流行っているようです(流行らさせているのか)。
先日TVではその販売合戦をしていました。一方のパン屋さんでは犬の形を作っていました。取材者が顔を半分に割って食べていました。また、一方のパン屋さんではなぜか、ソフトクリームに使うあのコーンに菠蘿を乗せて売っていました。
さて、菠蘿とはどういう味なんだろう?
どこに行けばあることやら・・・と悩むほどもなく、一番近いであろうパン屋さんにも売っていました。店の前に「叉焼菠蘿」という垂れ幕まであります。
CIMG2512CIMG2513買ってみました。中に具・餡は無いだろうと思いながら、念のため割ってみるとあった!色がなんとなく不気味です。
周りの皮というか、パンの生地はメロンパンのすぅっごく薄い味です。そして、具はちょっと辛いシチューにタコと豚肉(牛肉か?)が入っています。具はだいぶ偏って入っていました。
はたして、台湾人はこれがおいしいのか?マズくはないですが、パン屋さんに他にパンがあるのなら、他を選びたいです。
こんなものが、なぜ、コーンに乗ったりして流行っているのでしょう?私がいったパン屋さんもこの菠蘿はレジ横にありました。「売れ筋ナンバー1」というような意味のポップがありました。

たこ焼きパン以来、ひさしぶりにパンとタコを一緒に食べました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国語教室の帰りに

SOGOの前を歩いていると人だかりがありました。
CIMG2514行ってみると、女装した男性2人がステージの上に立って写真を撮られています。せっかくなので、私も写真を撮ることにしました。そして、私が写真を撮り終わるのとほぼ同時に彼ら(彼女たち)は「じゃ、さよなら~」という感じに去って行ってしまいました。なんのイベントだかさっぱりわかりません。
壁の文字をみると、どうやらアクセサリーの宣伝のようですが。先になにか、面白いことをやっていたのかもしれません。
明らかに男の人なんだけど、脚は綺麗でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2006

タイ料理に挑戦

タイ料理に挑戦と言っても、作ったのではなく、「食べた」です。

中国語教室のクラスメイトと待ち合わせをし、お昼を一緒に食べました。集まってから、どこでご飯を食べようか考えたのですが、その日はとっても寒い日。SOGOの前で待ち合わせたので、「もう寒くて早く温かいところに行きたいので、このSOGOの中で食べましょう」ということになりました。
そして、行ったのはSOGOの中のタイ料理屋さん。私はSOGOの中のレストランを利用するのは初めてです。
CIMG2491CIMG2492CIMG2493CIMG2494エビのおせんべい(のようなもの)は欠かせません。タレがついてくるのですが、先日、別のレストランで食べたタレとはまた違う味でした。
タコスもありました。タコスって、メキシコ料理かとおもっていたのですが、一体どこの料理なんでしょう?このタコスはあまり辛くありませんでした。中身が、タコスの中身らしくなかったですね。すると、これは「タコス」という表現をしてはいけないのかもしれません。
グリーンカレーは初めて食べました。食べなれたカレーとは全然違う味なのに、おいしい。牛肉がゴロゴロ入っていました。
カレーには決して、"らっきょ漬け"や"福神漬け"はついてきません。このグリーンカレーには確かに、福神漬けなんて合わないのかも。でも、日本のカレーにはそれらの漬物があるとうれしいですね。カレーには福神漬けを!と思いついた人は偉いなぁ。

女性が集まったので、この日もこのレストランで4時間近く話込んだのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2006

BELLINI

通っている中国語教室の私が入っているクラスに仲間が増えました。彼女は、中国語を勉強しているそうで、台湾に一ヶ月の遊学だでそうです。
今日、その遊学から日本へ帰国するそうで、昨日クラスの仲間とそのお別れ会をしました。
CIMG2501CIMG2502CIMG2503BELLINIというパスタ屋さんです。日本にもあるようですが、長野県では見たことなかったなあ。
平日の昼間だったので、空いていました。お休みの日や夕飯時は混むようです。デザートまでしっかり食べて満腹。CIMG2504CIMG2505CIMG2507遊学に来た彼女は私の1つ下でした。彼女は去年も二ヶ月間、中国語を勉強しに台湾に来ていたようです。若いなあ。すごいなあ。いいなあ。と思いました。そういうことって、若いときにしかできないよなあ。やっぱり若いっていいなあ、と思いました。
でも、彼女なら、きっと今の私の歳と同じになる来年だって、勉強しに来るだろうし、今の私の歳を越す再来年だって来るんだろうな、と思いました。それを考えたら、「若い」んじゃなくて、やる気とか行動力とかの性格によるんだよなあ。
歳を言い訳にしちゃいけないな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 05, 2006

京兆尹

渡辺満里奈が書いた本で有名になった「回留」というお茶のお店が家から歩いて30分ほどのところにあります。
お茶屋さんだけあって、料理はお茶が使われたものがでてくるそうです。肉類はなし。
お昼はそこに行ってみようか、ということになりました。なんとなく、インターネットで情報を調べると、口コミの評判があまりよくないんです。それをみて、行きたくなくなりました。

CIMG2477ではどうしようか、と考え、歩いて20分ほどのところにある京兆尹にいくことにしました。観光雑誌にはたいてい載っている有名なお店です。でも、広い道路からちょっと入ったところなので、ツアーで連れてきてでもしないと見つけにくいかもしれません。お店に入ってみると、店内がにぎやか。ここは宮廷菓子が有名なところなので、期待してしまいます。
CIMG2478CIMG2479CIMG2481CIMG2482CIMG2483CIMG2484
最初にサービスでトマトが出てきました。日本のプチトマトは真ん丸ですが、出てきたトマトは長細いです。
黄金チャーハンと、青菜の炒め物、そして、お菓子を2種類注文しました。
メニューを見てみると、コース料理もあるようです。夫がちらっと見ていましたが、「これは高い」と言ってすぐに
閉じてしまいました。私も見てみました。ランクがいろいろあるようで、品数・内容が良いものは確かに良い
値段がついていました。
CIMG2485お菓子はなかなか凝っています。このお菓子には字が書かれています。「感恩」とありました。レジの周りにはお菓子がたくさん売られていました。せっかく宮廷菓子が有名なところにきたのだから、買って帰らねば、と思いクッキーを買いました。クッキーといっても洋菓子っぽくなく、中華な感じです。うまく表現できないですが。

雨降りだったこの日。お店でゆったりと過ごすことができました。
今月末、夫の両親が台湾に来ます。どこでご飯を食べようか、今考えているところです。ここも雰囲気がよくて良いなあと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2006

糖朝

デザート豊富な糖朝というところに行ってきました。
ご飯も食べられる上にデザートが豊富なところなのかと思っていましたが、お店のキャッチフレーズを見るとデザートが本業のようです。でも、点心も豊富。
3時半ごろお店に入りました。けっこうお客さんが入っていました。でも甘いデザートを食べているだけでなく、点心を食べている席もありました。
CIMG2488胡麻でできているおしるこです。トッピングで、お餅等を追加できるのですが、私は追加せず、この胡麻のおしるこだけにしました。200cc(もうちょっとあったかも)の胡麻ドリンクですね。しっかり、胡麻の味がしておいしかったです。蓋を開けたときは、真っ黒でなんともつまらないものにみえましたが、食べ始める(飲み始める)とそんなことは忘れてしまいます。。
CIMG2489夫は杏仁の汁に、ブラックタピオカを追加しました。夫はブラックタピオカが好きなようです。モチモチ感がいいのでしょうね。「モチモチ感」とを台湾の人は「QQ感」と言います。グルメ番組を見ていると、よくその言葉が出てきます。よく出てくるということは、よくQQ感なものを食べているというわけですから、台湾人はQQ感なものが好きなのかもしれません。
私は胡麻しるこを飲んでホッカホカ。雨が降っていてちょっと寒い日でしたが、胡麻パワーで温かくなりました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 01, 2006

チケットの切られ方

ケーキ展に行ったついでにパソコン媒体展も見に行きました。
こちらの展覧会はケーキ展より人が多かったような気がします。男性の割合高し。
CIMG2474これがチケットです。ケーキ展と同じ150元でした。チケット販売所で少し、切られました。そこでチケットを切られたので、もうチケットを見られることはないのかな、と思ったら、建物に入ってから扉のまえで、またチケットを切られました。
点線ないけど、どうやって切るのかなあと思ったら、台湾人そんなの気にしません。思い切り、ビリッと。切られ渡されたチケットがこれです。
大胆だなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »