« 永和清粥大王 | Main | 好記担仔麺 »

February 07, 2006

iR Cina

四川料理のiR Cinaというところに行ってきました。
デパート微風広場の中にあります。となりにもレストランがあって、そっちのレストランが混んでいたので、空いているほうに入ってみました。やっぱり、混んでいるほうがおいしそうなので、そちらに入りたいところですけどね。
CIMG2411鳳梨蝦球です。揚げた蝦とパイナップルにマヨネーズがかかっているものです。これ、おいしい。レストランによって、マヨネーズとすでにからめられている場合おもあります。ここはお好み焼き風?上にマヨネーズをかけただけです。マヨネーズが甘いというのはどこのレストランも共通ですね。
CIMG2412蒜香排肉です。字のとおり、ニンニクの香りがします。たぶん、肉はブタ肉。切られていると、何肉なのかわかりません。宗教上の問題がないので、わからなくてもOKなので、よいのです。これもおいしい。ご飯がほしくなってしまうような。私が一切れ、夫が二切れ食べておなかいっぱい。残りは持ち帰りました。
CIMG2414銀絲卷。メニューみただけではなんだか、わからなかったものです。店員さんが、「揚げパンのようなものです」と教えてくれました。この生地で蒸したものもあるそうです。揚げたもののほうがおいしいと言われ、こちらを注文しました。パンですね。パンそのものは味がありません。練乳のようなものが一緒に運ばれてきました。それをつけながら食べました。辛い四川料理の箸休めなのでしょうか。
CIMG2415千層塔です。デザートですね。春巻きのような皮です。そのなかに、小豆餡の団子が入っています。4つなので、夫と半分の2つずつ食べました。これは、デザートなのに、お腹にたまります。ボリューム満点。

蒜香排肉はアブラが多かったのか、次の朝までまたも気持ちが悪い・・・。中高生のころはこんなアブラには負けなかったハズなのに。次の日のお昼に、持ち帰ってきた蒜香排肉を使ってチャーハンを作りました。これを細かく切って入れました。切ってみると、肉の脂身の多いこと、多いこと。揚げ油にやられたのではなく、たぶん、この脂身にやられたんですね~。もったいないですが、脂身は捨てました。

|

« 永和清粥大王 | Main | 好記担仔麺 »

台湾生活 食べる」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference iR Cina:

« 永和清粥大王 | Main | 好記担仔麺 »