« ジンジャーティ | Main | iR Cina »

February 06, 2006

永和清粥大王

現地の台湾の人がそう呼んでいるのかは知りませんが、私たちが住んでいるマンションの通りは「お粥街」と観光雑誌やインターネットでは紹介されています。マンションの向かいの通りは本当にお粥屋さんが多いです。
一番有名らしいお店は私たちが引っ越してきたときは工事中でした。それが、この旧正月前にリニューアルオープンしたようです。実は泰平天国というレストランに行く予定だった私たち。なぜか、入り口に「準備中」の札が下がっていたため、あきらめ、この日はこのお粥街に行くことにしました(っていってもマンションの向かい・・・)。
行ったのは永和清粥大王というところです。
CIMG2432バイキングのような方式で、陳列されている食べ物をどんどん指差して、店員さんによそってもらいます。よくわからないながら、これらを選びました。今回、私たちが取った中で高価なのは、肉料理。250元したようです。豚肉だったのかな?テンメン醤のようなものをつけて食べました。お店の中は有名人(かどうかはわからないけど)のサインがたくさん飾られていました。店員さんによってはカタコトの日本語が通じそうでした。
CIMG2433お粥はこんな鍋に入れられて食べ放題です。一人20元です。この鍋は夫と二人では空けられませんでした。たくさん入っています。台湾のお粥にはたいてい地瓜(サツマイモ)が入っています。このお芋が甘くておいしいんですよねえ。色も黄色とオレンジの間くらいで鮮やかで良いです。
この日、夫が驚くほど、私はたくさん食べていたようです。食べている最中は私自身は気がつかなかったのですが、家に帰ったら大変苦しい・・・。苦しすぎて、夜は仰向けで寝られませんでした。次の朝もまだ苦しかった・・・。

|

« ジンジャーティ | Main | iR Cina »

台湾生活 食べる」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 永和清粥大王:

« ジンジャーティ | Main | iR Cina »