« ドライフルーツ | Main | 新年会 »

January 10, 2006

台湾でドイツ料理を食べる

Oma Ursel’s kulinarische Kreationenに行ってきました。これは永康街にあるドイツ料理のお店です。中国語教室の先生とその先生のクラスの生徒(私とはクラスは別)と、私もいるクラスのクラスメイトの4人で行ってきました。
先生はすでに行ったことがあって、すごく量が多いよ、と言っていました。メニューを見てなるほど。これは多いです。平日なので、平日のみのお得なランチもあります。これはスープとサラダと麺or リゾット等とコーヒーor紅茶で190元~あります。そして、そして、プラス40元でケーキ付き♪ 私はこのランチメニューにしました。メインはかぼちゃのリゾットを選びました。
CIMG2348これは今日のスープです。椎茸のスープです。しっかりとスープに椎茸のダシがでています。私が椎茸を使ってスープを作ってもこんな風に味がでないのになあ。椎茸を見てみると焦げ目が付いています。ということは、椎茸を一度焼いてから、スープにいれるのですね。そうすればおいしいスープができるのでしょうか。
CIMG2349これは、先生とクラスメイトが選んだセットについてきたパンです。私のセットについてきません。少しわけてもらいました。左側のパンはガーリックが塗ってあっていい香りがします。右のパンはプレッツェル型でモチモチしています。でも今まで食べたことのあるモチモチとはちょっと違いますね。
CIMG2350サラダです。少し食べかけ・・・。ドレッシングは、お酢ベースのドレッシング、サウザンアイランドドレッシングとあと1種類(名前忘れた)の3種類から1つ選びます。私はお酢ベースのドレッシングにしました。酢が効いていました。クルトンがおいしかったです。いつものことですが、メインが出てくる前にお腹がいっぱいになってきました。
CIMG2351ジャーン。カボチャのリゾットです。わずかな時間でちゃんとできるんですねえ。スゴイ。しっかりカボチャんの味がします。ドイツといえば、ウィンナー、ソーセージなのに、カボチャをメインに使った料理を選択したのは私だけです。次回来るときはウィンナーを注文しよう。
CIMG2352デザートのケーキ!ケーキは10種類ほどあったと思います。その中から1つ選ぶのは大変。でもカボチャのケーキを発見してしまいました。これでしょう。今日はカボチャDayです。横に添えられているクリームは砂糖が入っていないようでした。ケーキと一緒に食べるとちょうど良いです。
満腹。満腹。食べすぎでさすがにお腹がギュルギュルになりました。
午後1時に入って、お店を出たのが午後4時過ぎ。3時間いたんですね。それを夫に話すと「よく3時間もしゃべっていたねえ」と。でも、「4人いたから、しゃべっていたのは一人あたり1時間ないんだよ」と言うとまた驚いていました。女性が集まると話は途切れませんよねぇ。

|

« ドライフルーツ | Main | 新年会 »

台湾生活 食べる」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台湾でドイツ料理を食べる:

« ドライフルーツ | Main | 新年会 »