« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 31, 2005

満腹 chili's

昨日、中国語教室のクラスメイトから、「これ、明日までが期限なの。私はもう行かれないから、少しでも行く可能性にある人にあげる」ということで、レストランのチケットをもらいました。1000元券です。
提携レストランがあるということでしょうか。そのチケットを見るといろんなレストランで使えるようです。私たちは夫の会社近くのchili'sというところに行きました。夫はWeek dayのランチに行ったことがあるようで、「とにかく、食べきれない量が出てくるから」と言っていました。
CIMG2326Grilled Chicken Sandwichです。私が注文しました。310元。Week dayのランチではこのようなプレートにさらに、スープとサラダがついてくるそうです。写真ではどのくらいの量かわかりにくいですが、とにかくスゴイ量です。バンズ(ハンバーガー用のパンてバンズって言うんですよね?)がおいしかったですね。マクドナルドより断然おいしい!と言っても私はマクドナルドのハンバーガーって10数年食べていないので、そんなころのと比べちゃいけませんね。マクドナルドファンに怒られてしまう。
CIMG2327Oldtimer w/Cheeseです。夫が食べました。今レシートを見ながら書いているのですが、このメニューの"w"ってwithの"w"かな。チーズを追加しているので、320元です。そして、さらにレシートを見ると"Medium Well"って書いてあります。焼き加減なんて聞かれたっけ??そうか、中国語も英語も通じんようなリーベンレンだったので、中くらいの焼き加減にされたのだな・・・・。夫はおいしかったようだし、まあいっか。
CIMG2329上の2つのほかに、オレンジジュース(110元)と紅茶(110元)を頼みました。もうおなかいっぱいといいつつ、このデザート。Molten Chocolate Cakeを頼んだのです。これも大きい。感動(涙)。下のチョコレートのスポンジがいいのですよ。ちょっぴり苦くって。スポンジを切るとまだ湯気が出てくるんです。幸せ~。デザートは本当に別腹。このケーキが320元です。合計1170元。10%サービス料が入って合計1287元です。私たちは1000元券を持っているので、自腹金額は287元。こんなに苦しくなるほど食べて287元。これは早めのお年玉に違いない。これをくれたクラスメイトに感謝です。

これが2005年12月31日のお昼ご飯でした。
これを書いている今、台湾はあと3時間とちょっとで2006年がやってきます。みなさん良いお年をお迎え下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2005

高記 何回目?

また、高記に行ってしまいました。本当に2週間に1回行っているのではないでしょうか。スタンプカードがあれば、そろそろ100元引き券でももらえるかも。そのくらい通っていますね。
CIMG2307CIMG2309CIMG2310CIMG2312ここまで何回も来るようになったので、いよいよもう小籠包はいらないか、というキモチになってきました。夫もそう思ったようです。なので今回は小籠包ははずしました。百合蘆筍、鮮肉粽子、鳳梨蝦球、蝦仁腸粉を食べました。
鮮肉粽子はちまきです。真ん中に肉が入ってきました。王記府城肉粽のほうが当然おいしいです。鳳梨蝦球は今まで連れて行ってもらったレストランで食べたことがありましたが、今回初めて、品物と名前が一致しました。これ、私は好きです。揚げた蝦と、生のパイナップルがマヨネーズで炒められています。台湾のマヨネーズは甘いんですよね。これを私が使うと思った味つけにならないのですが、この鳳梨蝦球にはぴったり。甘いマヨネーズはこの料理のためにあるんです、きっと。
周りを見ると、テーブルの上に鍋が出ているところもあります。いったいどれを注文すればあの鍋が出てくるんだろう・・・と夫と一緒にメニューを眺めました。でもわかりません。常連客の地位にはまだまだですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

栗きんとんを作る

年末年始の気分ではないとはいいながら、カレンダーを見ると年末です。
31日には、年越しそばを食べたいような、元旦にはお節料理とお雑煮を見たいような・・・。というわけで、31日はおそばを食べますし、元旦にはお雑煮とお節を食べる予定です。
日系デパートが沢山ある台北市。お節料理の素材、お節セットも豊富にあるわけです。黒豆、きんとん、田つくり、かまぼこ、伊達巻もうあと1、2種類入ったセットが800元~1100元くらいで売られています。2人家族にとってはこのくらいの量でちょうどいいかもしれません。でも、ぜんぶ買ってしまうのはなあ・・・。というわけで、作れそうなところは作ることにしました。
で、まずはきんとん。栗きんとんです。私はさつまいもで作る栗きんとんしかしらないので、さつまいもを使う予定でした。230元くらいで買いました。ところが、栗が55元で売っている!!・・・買ってしまいました。
というわけで、栗100%で作ろうと決めたのでした。
CIMG2321CIMG2322CIMG2324CIMG2325一番左の写真、まずはやわらかくするために茹でます。1時間半ほどでやわらかくなりました。左から2番目、ひたすらつぶします。ある程度までいったら裏ごししなくてはなりませんが、そんな道具はないので、とにかくつぶします。左から3番目、ここであることに気がつきました。色が・・・色が汚い。つぶすことに夢中になっていました。きんとんは、お金をイメージさせるのだから、黄金でないといけません。なぜ、こんなに汚い色なんだ。一番右が出来上がり。砂糖控えめなので、ツヤがないですね。ちょっと、水分を飛ばし過ぎたかもしれません。食べる前にもう一度練ろうかな。
帰ってきた夫に、何も言わず食べさせました。食べるまえに、「なに?芋?豆?」と。お~、見ただけでは、「栗」という言葉はでてこないのか!?食べてから「う~ん。栗味の芋!で、本当はこれは何?」。答えは「栗味の栗。本物の栗きんとん」なんですけどぉ。
来年は素直にサツマイモで作ろうと、決意させるできごとでした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 29, 2005

基隆廟口百年呉家

台北101の中にあるスーパーで買い物をしたら、ちょうどお昼(よりちょっと早かったか)です。このスーパーと同じフロアにフードコートがあるので、そこでお昼ご飯にしました。ここのフードコートは広くて、お店もたくさんあります。日本の「銀だこ」も入っています。
ウロウロして、基隆廟口百年呉家 というところのものを買うことにしました。ラーメンのように見えますが、ラーメンではありません。
CIMG232010個種類ほどメニューがありました。どれも量が多そうです。食べきれないでしょうから、一番少ないものにしました。フードコートなので、レジのところにメニューが置いてあって、それを指させばいいだけなのに、なぜかこの店だけお客さんが横に並んでいました。メニューを指差すことができないあたりで、何にする?と聞かれました。台湾に着いたばかりのころはこういうのドキドキしたなあ。今日は「9號」と言えました。おばちゃんが、繰り返して「9號」と言ったときに、私の「號」の声調が違うのに気がつきました。が~ん。でも通じました。いいのだ。こうして覚えていくのだから。
私はブロッコリーのサラダのようなものを選びましたが、ほかにも2種類付けあわせがありました。麺は米を蒸して作ったものだそうです(家に帰ってから調べた)。モチモチした食感でした。から揚げ付きです。たぶん、日本のから揚げとは味がちょっと違うと思います。台湾の味付けに慣れたところもあって、どう違うかというのがわからなくなってきました。
これで、100元です。今日は夫は何を食べたかな。ひょっとして、私のほうが高かったりして・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2005

実家からの宅配物

中国語教室から帰ってくると、マンションの管理人さんが私を呼び止めました。郵便受には入らない大きさだったので、預かってくれていたのでした。見てみると、私の実家からでした。
さっそく部屋に入って開けてみました。
CIMG2315いつものとおり、私と夫宛に届いた郵便物が大量に入っていました。それと、日持ちのする食べ物が。年越しに食べて、ということでしょうか、蕎麦。それと、なめたけや、私の好きなお饅頭、鰹節も入っていました。実は、今日の中国語教室のあと、SOGOに行き大福(餡子が入っていれば、饅頭でも大福でもよかった)を食べたいなあと思ってウロウロしたのですが、買ってきませんでした。先日、「今度、買ってみよう」と思ったものがなかったのです。なので、お饅頭はちょうど食べたかったとき。さすが親子です。
母からの手紙も入っていました。これもいつもの通り、実の子にもなかなか読み取りにくい字もいくつかありました。でも、実家の様子がわかってうれしいです。干し柿を作っていることや、正月用にモチをついたこと、白菜を保存したこと、大雪のこと・・・。
クリスマスリースのようなものも入っていました。12月26日に送り出したようなので、明らかにクリスマスには間に合わないのですが・・・。来年のクリスマスに玄関に飾ろうかな。
EMSで送ってくれたので、だいぶ送料がかかっていました。感謝です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

BARISTA COFFEE

CIMG2306日本では(長野県では)見かけたことがなかったのですが、台湾にはBARISTA COFFEEというコーヒーショップがあります。この写真はそのコーヒーショップブランドのアイスです。コンビニで25元。このコーヒーショップ、結構たくさん街にあって、あちこちで見かけます。それにしても、この左側にあるマークどこかでみたような・・・。
CIMG2314そう、STARBUCKS COFFEEに似ているんです。字の書き方とか、マーク中心の人物の人種のとか。なんだかものすごく似ているのに、でもここがまったく同じというところはない。色も違うし。これって、このそっくりさを狙ってやっているのでしょうか。それともイメージを描いたら、やっぱり同じような絵になってしまったのでしょうか。とっても不思議。
旅行者のイメージでは台湾は「お茶」ですが、街のなかはコーヒーショップだらけです。コンビニよりは密度低いですが。あ、先日台湾(台北市に限るのかな?)のコンビニの密度は世界一とやっていました。この密度でちゃんと経営できているのだから、これまた不思議。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2005

ディズニーランド気分

東京ディズニーランドのアトラクションで、It's a Small Worldが好きです。船に乗って、さまざまな国を旅する、アレです。絶叫アトラクションではないので、大人になると、あれはつまらないという人がおおいですね。好きなアトラクションであれを挙げる人に会ったことがないです。
SOGOの入り口にその It's a Small Worldを思い出させてくれるものがります。それが、これ。
CIMG2232毎正時の5分か、10分ほど前からこの人形たちがでて、♪せ~かいは ひ~とつ~♪って曲を演奏し始めるんですよ。その時間になると、小さいこども連れのお母さんたちが集まります。こうやって写真を撮る人もいます。なんたって、It's a Small Worldが好きですから、私も通りがかったら、必ず見ます。何回通りがかっても見ます。正時でないときはがっかりです。
道路をはさんでSOGOの反対側の歩道を歩いていても聞こえてきます。もちろん、反対側からでも眺めます。反対側から眺めている人は私以外にまだ見たことありませんが・・・。
「12時に(このSOGOの)時計の下で待っているねー」は中国語で「12點在大鐘下面等你」と言うのだそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2005

手打ちそばとうどん 長寿三好庵

昨日は朝からTVチャンピオンを見ていました。日本ではだいぶ前に放送されたものだと思います。大食い選手権で、讃岐うどんを食べる映像が流されました。それを見た夫はもう「ああ、うどんが食べたい」と言い出しました。夫はTVで映された食べ物に非常に影響されやすいと思います。想像力が豊かなんでしょうか。
というわけで、お昼ごはんは、うどんを食べる、に決定です。
前から気になっていた長寿三好庵に行ってみました。台湾に来たばかりのころに滞在していた兄弟大飯店のすぐ近くです。
CIMG2303私はザルそばを食べました。コシがちゃんとあるんですよ。二八そばです。つゆもおいしかったです。写真のとおり、なんだかつゆのお椀が広かったです。台湾でこれだけのおそばが食べられると満足です。値段は190元。「もりそば」は180元でした。茹で湯ももらえました。時間がまだ早かったせいか、茹で湯は澄んでいました。
CIMG2304夫は宣言どおり、うどんです。てんぷらうどんを注文しました。運ばれきた器のなかをのぞくと、てんぷらがプカ~ン・・・。だいぶ、つゆが多いですね・・・。カボチャのてんぷらを分けてもらいました。食べてみると、サクサクの部分がちゃんとあるんです。つゆがこんなに多くなければカラッ、サクサクッのてんぷらを楽しめたことでしょう。私はうどんの味見はしませんでしたが、おいしかったようです。
店内に貼られている広告をみると「大晦日に年越しそばを」というフレーズの入ったものがありました。それを見て、そういえば大晦日っておそばを食べるんだよなあ、と思い出しました。台湾にいるとまったく年末という気分がないので、年越しそばのことはすっかり忘れていました。
手打ちそばや、うどんを食べたくなったら、またここかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2005

我が家でクリスマス

昨日はクリスマスイブでしたね。というわけで、我が家もクリスマスメニューでした。
IMG_5656トリの丸焼きを買ってみました。ケーキはホールの小さいもの。日本は小さいホールケーキは注文しないとそうそう沢山ないと思いますが、台湾は豊富です。いろいろ迷って、イチゴの乗ったものにしました。ポテトサラダは手作り。夫が風邪をひいたときと、ちょっとごちそうを・・・というときはポテトサラダです。あとは、名も無きグラタンもどき。それとオニオンスープ。主食はけして、フランスパンなどではなく、ご飯です。写真の左隅っこにご飯茶碗が見えますよ。乾杯はジュースで。アルコールを飲んでしまうと、夫の鼻がつまってしまいますので。このオレンジジュースは台北101の超市(スーパー)で買いました。このジュースは初めて買いましたが、安くておいしい。他にマンゴーやクランベリー、ラズベリー、グレープフルーツ等がありました。今度は他のも買ってみよう。
さあ、この写真を見ておかしな箇所に気が付きましたか?
私は、「さあ、食べよう」というときに気が付きました。フォークとナイフの位置が逆です。持って使おうとしたときにどうも変だなあと思ったら逆に置いていたんです。写真も撮っちゃった。夫はなんの疑問にも思わず自然に持ち替えたらしく気が付かなかったそうです。
トリは全部は食べ切れませんでした。年をとったせいでしょうか。私は今朝、トリのアブラのせいか、胃が重かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2005

尾牙に参加する

こちら台湾では尾牙というものがあります。「尾っぽ」と「牙(きば)」って何?と思い、いろいろ調べましたが、日本人から見ると、忘年会といったところでしょうか。
さすが、台湾です。家族も参加できます。台湾って家族という単位を大事にするのですね。さまざまなイベントに家族が参加できます。そのおかげで私は夫の会社のイベントにいろいろ参加できるわけです。
妹より、「ブログに相変わらず食べ物ネタが多い」との指摘を受けましたが、とくに反省することなくこのままの調子で続けます。
CIMG2246CIMG2249CIMG2250CIMG2255
CIMG2256CIMG2268CIMG2270CIMG2274
CIMG2275CIMG2277CIMG2278左上の写真から、梅花大拼盤、蠔皇鮑魚片、碧玉明蝦球、魚翅佛跳牆、清蒸活石斑、婆參燒蹄筋、葱燒嫩子排、人蔘杞鳳盅、瑤柱飄香飯、雅緻美點集、什錦宜時果です。食べ物はなぜか、音楽に乗せ、担がれてやってきました。10人前後の丸テーブルで、ホテルの人が全部取り分けてくれました。というわけで、写真は一人前に取り分けられた様子のものです。
CIMG2289宴会場の天井はカガミ張りでした。これは天井を見上げて撮ったものです。結婚披露宴のようですね。でも、人数が多いからテーブル間が狭い・・・。夫の職場の席は良い位置でした。職場によっては廊下のようなところもありましたね。
そして、商品が豪華なクジもありました。"台北~東京の往復チケット"という商品までありました。60等までありましたが、夫の職場から三人当たっていました。ちなみに、夫は当たりませんでした。
夫の話だと、この尾牙のため、職場のみなさんは2、3日前から浮き足だっちゃって仕事にならないそうです・・・。
初めての尾牙参加でした。楽しく過ごせました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンタさんと写真を撮る

夫の会社の尾牙に参加するため、晶華酒店へ行きました。
このホテルは先月通りかかったときにすでに、クリスマスツリーができていました。一階~三階の天井の高さまである大きなツリーです。今日は間近で見ることができました。
CIMG2233なかなか迫力あります。台北101付近にもたくさん大きなクリスマスツリーがありますが、このホテルの中にあるのは今まで見た中で一番いいかな。この写真は二階からのものです。
一階を見ると、サンタさんが座っていました。CIMG2234これは一緒に写真を撮りたい!でも誰もいない。撮ってもいいのかな。しばらく考えましたが、行ってみることにしました。行くと、なんと近くのケーキ売り場のお姉さんが、「100元です」と言っています。そうです。撮影にお金がかかるようなんです。しかも、ポラロイドカメラを持っている・・・。え~、自分のデジカメで撮れないの?でも、お金を払って撮ってもらうことにしました。しっかり、商売だなあ。でも、お金を払ってしまえば、OKらしく、自分たちで持っていたデジカメでもお姉さんは撮ってくれました。サンタさんは白いヒゲに覆われていましたが、わずかに露出されている肌を見ると、若そうでした。サンタさんはやはり、おじいさんを期待したのですが。この写真、今見るとサンタクロースになんとなくスポットライトがあたっている気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2005

台湾での冬至

日本は大雪のようですね。台湾時間7:30~と、21:00~のNHKニュースは欠かせません。中部国際空港も欠航の便が昨日の夜の時点で449便と言っていたような気がします。夫のおとうさんがこちらに来たのが先週でよかった。
それにしても、今日の台北市はものすごく天気が良いです。昨日の夜は台北101がとても綺麗に見えました。こういう日に展望フロアへ行けばよく見えるのでしょうね。
昨日は冬至でした。台湾では冬至にお団子のようなものを食べるのだそうです。湯圓と呼ばれるものです。水曜日にそごうに寄ったらこれが安売りされていました。湯圓は白玉団子のような生地のなかに、ゴマだったり、餡子だったり、芋餡等が入っているものです。甘いものだけではなく、肉や野菜が入っているものもあるようです。
CIMG2225私も試しに買ってみました。ゴマ餡を。そごうの冷凍食品コーナーでそれらを見ていると、地元の人がどんどんやって来ます。見ていると5袋ほどカゴに入れていました。冬至の夜、家族みんなで食べるものだそうですから、そのくらい買って行くんですね。我が家は昨日の朝ご飯のときに食べました。味はこの写真にある袋のイメージ図みたままの味だと思います。ゴマ餡ですから、甘いです。夫はちょっと苦手そうでした。男性にはウケないかもしれません。
日本人ですから、夕飯にはカボチャを食べました。日本のカボチャは台湾では当然高いです。ところが、三越に800グラム入りで46元で売られていました。"800グラム入り"というのは、丸々1つではなく、たぶん規定外の寄せ集めのためでしょう。規定外でもよいです。食べなれたカボチャはおいしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2005

東區粉圓

東區粉圓に行ってきました。これも観光雑誌には必ず載っているお店です。
お店の近くに行くと、すでにそのお店の名前の入ったカップを手に食べている人がいます。台湾では歩きながら食べるというのは普通です。スーパーを何か食べながら見ている人はよくいますし、洋服も物を食べながら見るのはあたり前の光景です。
このお店、観光客だけでなく、地元の人にも人気なんですね。
ベースに総合粉圓と、総合紅豆と、総合焼仙草と、総合豆花というゼリーというかプリンというような物があり、そこへ煮豆やお芋等のトッピングを加え食べるデザートで有名なお店です。
CIMG2230私は温かい総合豆花を選びました。あとはトッピングを3種類です。どれを選んでも合計45元です。小紅豆と芋頭圓と地瓜圓を選びました。小紅豆はあずきですね。芋頭圓は白玉団子のような感じです。お芋でできています。地瓜圓は、サツマイモにあたるのでしょうか。でも色はカボチャに似ています。これらを加え、持ち帰りました。フタが結構しっかりしていて、家で開けようとしてもなかなか開けることができませんでした。持ち帰ったためちょっと冷めてしまいましたが、おいしかったです。あずきは、私の実家で炊いたような味がします。砂糖が控えめなんですね。なつかしい味でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 21, 2005

肉粽

さきほどまで書いていたこのネタ。操作ミスで消えてしまいました。また書き直し~。
中国語の授業で、「貴的東西不一定好。」という言葉を習いました。"値段の高いものがいいものとは限らない"という意味です。本当にそうだなあ、と思うのはこちらの食事。安くておいしいものがたくさんあります。
夫の健康診断の結果をもらえるということで、台安病院へ一緒について行きました。偶然、夫の会社の日本人スタッフの方とも会いました。家族三人で風邪をひいたそうです。
結果は用紙でもらえるのかと思ったら、一つ一つ説明もしてもらったようで、私は30分ほど待ちました。すると、ちょうどお昼時です。この病院の近くには王記府城肉粽があります。
私はここで食べたことがあるし、持ち帰りもしたことがあるのですが、夫はここに来るのは初めてです。
CIMG2221肉粽50元、魚丸湯35元、安い。安いのにおいしい。肉粽にはピーナツの粉をたくさんかけました。夫から「そんなにかけると鼻血が出るぞ」という忠告もありました。私は冬の寒い朝になぜか鼻血が出ることがあるので、本当に出るかもなとも思いながら食べました。食べている最中もかけたので、写真の2倍はピーナツの粉を摂取したと思います。台湾ってピーナツを使った食べ物が多いですよ。
食べ終わるころに、さきほど病院であった風邪ひき一家に会いました。やはり、あの病院まできたらこの粽屋さんだよなあという思いを強くさせたのでした。
次の朝、鼻血が出るということはありませんでした。寒くないからかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2005

日本の主婦はみんな持っているの?

台湾の人は割と日本のモノが好きなようです。
お菓子のパッケージには日本語が書かれていることがあります。これは日本からの輸入品ではなく、日本語が書いてあることがオシャレであるということです。日本でも何となく、英語が書いてあると良いもののような気がするのと同じですね。
そのおかげで日本人は台湾で暮らし易いわけです。日本製品がいろいろ手に入るし、TV番組も日本のものがあるのです。
今朝TVをつけっぱなしにしていると「リーベン、リーベン・・・」と聞こえてきました。「リーベン」とは"日本"のことです。"日本"は中国語読みだと「リーベン」です。
CIMG2222中国語はまだまださっぱりですが、このテロップを読むと、「日本の主婦はホッキ貝を必ず持っている。除菌効果がある」と書いてあるように見えます。除菌効果云々はもしかしたら誤訳かもしれませんが、みんなホッキ貝持っているんでしょうか。
ちょうど今日で台湾に来て2ヶ月経ちました。2ヶ月前は周りの主婦が必ずホッキ貝持っているってことはなかったなあ。常備しているほうがよほど少なかっただろうなあ。その間にホッキ貝の除菌成分が流行しだしたのでしょうか。
こういう細かい流行はわかりませんが、NHKは見ているし新聞も読んでいるので、日本で起こっている大きなニュースはわかります。姉歯元建築士だとか、小学生が立て続けに殺されてしまう事件だとか、大雪だとか渡部篤郎と村上里佳子が離婚するとか、伊那市のダチョウ処理場からダチョウが3羽脱走したことだとか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 17, 2005

刀削麺 山西刀削麺

「お昼は庶民的なところでいいよ」という夫のおとうさんのことばどおり、地元の人たちが行くお店に行ってきました。
IMG_5629夫の会社近くの山西刀削麺というお店です。このお店の名前よく見ますが、チェーン店ではないようですね。でもなぜ、同じ名前のお店なんだろう?ここは夫がお昼によく利用するお店です。どうも、お昼仲間のなかで、月曜日は餃子、火曜日は刀削麺と決まっているようです。
私は写真の通り普通の刀削麺を食べました。90元です。麺類はたくさんありました。刀削麺と細麺のいずれかを選べるようです。夫は細麺でしかもトマト入り、というメニューを注文していました。トマト!?驚きですが、これがおいしいそうです。あまりトマトは好きではないので、味見はさせてもらいませんでしたが、「ボクはいつもこれだよ」と言っていたので、おいしいのでしょう。
以前、永康街刀削麺でやはり刀削麺を食べましたが、そことも味が違いました。スープの色が山西刀削麺のほうが濃いですね。
ホカホカになってお店を出ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2005

フカヒレ 金太皇

MRT中山國站近くにある金太皇というお店に行ってきました。
昨日から夫のおとうさんが台北に来ています。私たちの生活の様子を見に来てくれました。というわけで夕飯をそこで一緒に食べてきました。
CIMG2205CIMG2206これは注文したわけじゃないけど出てきた小菜です。お豆は落花生を炊いたもの?おいしかったです。キュウリのほうは食べていません。夫の報告によると浅漬けだそうです。
CIMG2204フカヒレです。今回はこれが目的でこのお店を選びました。夫の上司から薦められました。スープがおいしかったです。フカヒレってフカヒレそのものを味わうものですか?スープを味わうものなんですか?私はフカヒレの味はまったくわかりません。ちなみに、ウニも味を感じません。
CIMG2207CIMG2208CIMG2209CIMG2210次がアワビです。アワビもスープがおいしかったです。豪華に2個。その横はステーキです。熱い石の上に乗せられ、ジュウジュウいいながら出てきました。注文をとるときに「牛肉。牛肉?」と言っていたので、もしかすると、牛肉が×の人は豚肉か何かが出てくるのかもしれません。その横の緑色の食べ物、これはなんだかわかりませんでした。見た目はチンゲン菜のようですが、食べてみるとチンゲン菜ではありませんでした。ステーキのあたりでお腹がいっぱいです。ところで、台湾ビールを頼んだはずなんですが、いつまで経っても出てきません。斜め向かいのテーブルには赤ワインが出ている・・・。
我が家にある3冊の観光雑誌のどれにもこの店は載っていませんが、日本語も聞こえてくるので、日本人観光客も来るお店のようです。
パイのようなものはお菓子ではなく、たぶんご飯物という位置づけだと思います。なかの餡はアンコではなく、お肉のようでした。小さく刻まれていたので、何であるかはわかりませんでした。デザートのような概観のため、ペロッと食べてしまいましたが、これがなかなかお腹にたまります。
CIMG2211CIMG2212そして、デザートです。果物は見たままの果物です。白いスープのようなもの、これがツバメの巣です。これも注文のときに、「温かいの?冷たいの?」と聞かれました。外も寒いし、中もなぜか途中から冷房を入れられたような気がして寒かったので、迷わず、「温かいの」。ココナツミルクジュースにツバメの巣が入っていました。どこにツバメの巣?という感じでしたが、匙で器の底からかき混ぜると透明なプルプルした小さな塊が見つかります。これがツバメの巣のようです。ツバメの巣も味ってないですよね??
ここのお店はフカヒレ、アワビ、ツバメの巣が売りのようです。私たちが食べたこのコース、1980元でした。う~ん、いい値段。この値段でこの3点が食べられると安いほうだと思います。日本から友達が来たときなどには驚かせるために、こういうところに連れてくるのは良いかもしれません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2005

浅漬け

しばらく日本に帰っていた中国語教室のクラスメイトからお土産をもらいました。
CIMG2200一般的な名称だと、「浅漬けの素」でしょうか。こちらで値段を見ていないのですが、たぶん、台湾のスーパーで買うと高いです。大根の漬物をたまに買いますが、日本の2倍~3倍します。でも白いご飯にちょっとしょっぱいものがあるとうれしいですよね。
もらって、裏を見ると、漬物のほか、チャーハンや焼き魚にも使えます、と書いてあります。
家に帰って早速封を切りました。
CIMG2203キャベツとにんじんと大根を適当な大きさに切って袋に入れ、もらった素を一緒にいれてギュギュッと袋を押しつぶし、一時間。器にあけるまえに、たくさんつまみ食いをしてしまいました。せっかくの漬物なので、白いご飯を用意すればいいのに、欲望のままこの素でチャーハンも作ってしまいました。鮭チャーハンです。
あとはカボチャのスープと、卵入り揚げと野菜の煮物です。和なのか、洋なのか中華なのかわからない食卓。あ、カボチャといえば、もうすぐで冬至ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我が家のクリスマスツリー

CIMG2196我が家のクリスマスツリーです。ワトソンズで買いました。ワトソンズって、ドラッグストアなんですけど、クリスマスツリーやサンタミッキー、サンタミニーまで売っているんですよ。クリスマスプレゼントを入れるための靴下まで売っていました。私が行った支店だけそうなのかもしれないのですが、このクリスマスグッズが一箇所にまとまって置かれていない・・・。サンタミッキーやサンタミニーは店の入り口や、レジの後ろに置いてあって、このクリスマススリーは3階にあって、靴下は階段の手すりに引っ掛けられ、私が買ったものより値段の高いクリスマスツリーは1階と2階の階段の踊り場にあったり・・・。3階まで行かなかったら、ちょっと高いほうのクリスマスツリーを買っていたところです。
CIMG2202これは夫がサンタクロースからもらったプレゼントです。夫から聞いた話だと・・・会社でTV会議をしていると、ドアをノックする音がしたそうです。開けると、サンタクロースが入ってこのブタを渡していったそうです。社内のメールで、その日の午後4時ごろに何かあるというような内容のものが送られていたようですが、中国語がまだ不好(うまくない)なので、よくわからなかったようです。
これまたビックリですね。日本ではこんなことないですもんね。
このブタ、顔の部分は写真を入れられるようになっています。手の部分はマグネットで、メモ用紙等をはさめるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2005

クリスマスツリー

CIMG2142夫の会社の入っているビルの1階にあるクリスマスツリーです。この写真だけ見ると、このビルはすごいなあと思うかもしれません。ところが、台湾はあちこちのビルの中、あるいは外に大きなクリスマスツリーがあります。例えば、松本市だったら、「クリスマスツリーのあるところね」といえば、たぶん、PARCOを思い出すと思います。
私たちが住んでいるマンションにはクリスマスツリーはありませんが、隣のホテルは当然のごとくクリスマスツリーがありますし、もう一方の隣のビルにもあります。こういうツリーは普段はどこに置いておくのでしょう。あまりに多いので(しかも大きい)、そんな心配をしてしまいます。
夫の会社の入っているビルはツリーだけでなく、エントランスのポインセチアもすごいです。先日の六福村ツアーのときに集合したときもすでに結構な数のポインセチアが飾られていましたが、夫の話によるともっと増えたようです。さらに、街路樹にも灯りがついたそうです。でも、なんだか、準備が遅いなあと思っていました。日本だと11月からではないでしょうか。これも、昨夜、夫から聞いた話ですが、この飾りつけは旧正月まで続くのだそうです。するとまだまだ楽しめるわけですね。
日本だと、26日になったらクリスマスについてはコロっと忘れ、正月の準備をしなくてはならないですもんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2005

管理人のおじさんからもらったもの

昨日は1人で朝のウォーキングに行ってきました。1人だったので、マンションの管理人さんに「夫は風邪をひいた」というと、管理人のおじさんは、これを食べろと飴をくれました。
CIMG2195甘露飴です。おそるおそる食べてみましたが、日本で食べるものと同じ味がしました。帰ろうとすると、缶ごと持って行っていいよ、と言われました。う~ん、こんな大量に消費できるかな。そういう思いもあり、遠慮したのですが、管理人のおじさんは自分はたくさん持っているからいいよ、とのこと。ありがたくもらって行くことにしました。起きてきた夫にこの飴を見せるとさっそく食べ始めました。日本の甘露飴もほとんどなめたことがないそうですが、食べられるようです。
CIMG2194今度は買い物に出かけようとすると、また管理人のおじさんがこれを食べろと、何か差し出しました。さっきもらった飴は日本の甘露飴と同じ味だったので、これも変な味はしないであろうと警戒心なしで口にしてしまいました。大変な味でした。今までに味わったことのない味です。大人なら食べられるのでしょうか。またも、おじさんは自分にはたくさんあるから、これを持っていけといっています。というわけでもらってきたのがこの写真です。グミのような歯ごたえですが、甘さはありません。苦いとも違うのですが、食べなれない者にとってはなんだかもう・・・・。
2粒食べましたが、お手上げです。
仕事から帰ってきた夫にも食べさせてみましたが、私より5歳大人でもダメなようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2005

吃外面的 上海湯包館

「吃外面的」・・・"家で作ったものではなく、外で買ったものを食べる"という意味だそうです。先日中国語のクラスで習いました。
台湾にいる間、土日の昼ご飯と夜ご飯は外食をしようということにしています。私は家で作って食べたほうが、食べたあとすぐ家でゴロゴロできるのでラクだなあと思っている方です。台湾赴任は期限のあるものなので、その間にいろいろとここの食事を楽しもうではないか、ということで土日は外食ね、ということになりました。
ところが、この週末、夫は体調を崩してしまいました。土曜日は遊園地に行ってきましたが、昨日はゆっくり休んでもらうことにしました。
お昼は王記府城肉粽の肉粽と魚丸湯を買ってきて食べました。夫に希望を聞いたわけではありませんが、「そろそろ粽の気分だった」と言っていたのでよかったです。粽は具沢山でお腹いっぱいになります。魚丸湯も温かく体がホカホカ。
夜は上海湯包館でシュウマイ等を買ってきました。微風広場の地下にある店舗で買ってきました。野菜炒めのようなものや、デザートを含め5種類注文しました。レシート発行に時間がかかりました。どうもレジのレシートを印刷する箇所が調子が悪いようです。レシートがうまくでないお詫びに店員さんが「サービス」と言って、一つ惣菜を付けてくれました。ラッキー。でも、みたところなんだかわからないものだったので、私が注文は避けようと思っていたものです。ま、いっか。タダなのだから、食べてみよう。
CIMG2193夕飯時、袋を開けてみると、あれ?ない?大根のお饅頭のようなものがありません・・・。どうもうまく注文できてなかったみたいです。仕方ないですね。それはまた今度。左手前がエビのシュウマイ、右の手前がデザート(百果芋泥)、右の緑色のものはよく食べますが、名前をしっかり覚えていません。左の茶色のものが今回、お詫びに付けてもらったものです。なにかの内臓かと思ったのですが、夫がいうには豆腐ではないか?とのこと。意外とおいしかったです。ちょっとアブラっこいですかね。でも高得点。一番奥のクルクル巻かれたものは、ちょっと厚めの皮にチャーシューのようなものが巻かれた食べ物でした。どれもおいしくいただきました。ちょっとぜいたく。
デザートにはコーヒーに入れるミルクが付いていました。それをかけて食べるようです。でもかけなくても十分おいしい。デザートはどれもおいしいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

テーマパーク 六福村

夫の会社のイベントで新竹市にある六福村(LEOFOO VILLAGE THEME PARK)というテーマパークに連れていってもらえることになりました。会社からどのように費用が出ているのかわからないのですが、私たちの負担は交通費込みでもとても安いです。
夫の会社に集合し、バスで出発。バスに乗り込んで点呼なく出発です。点呼無し?誰か乗り遅れた人はいないのでしょうか。心配になりつつも、自分たちはしっかり乗っているので、まあいいか。
CIMG2188一時間と少しバスに揺られ到着。もらったパンフレットを見ると、このキャラクター。"ミッキーゴリラ"と"ミニーゴリラ"以外に何と呼ぼう?夫と二人でディズニーランドを強く意識しているね、と分析しました。この動物がゴリラか、サルかは分かりません。お土産物屋さんをウロウロして、この2人(2匹?2頭?)が"ハッピー"と"ハニー"という名前があることは分かりました。
せっかく来たのだからいろいろ乗り物に乗ろうということで歩きまわりました。正確な名前は忘れてしまったので、日本で乗ったことのある乗り物に例えていうと、スプラッシュマウンテンのようなもの、コーヒーカップのようなもの(バドワイザー提供のためビア樽だった)、フライングカーペットのようなもの、バイキングのようなもの、観覧車のようなもの、空中自転車のようなもの、くらいでしょうか。パンフレットを見るとパレードも催されるようでしたが、天気が悪かったためありませんでした。
CIMG2159さて、これは何でしょう?観覧車です。もしも観覧車の絵を描けといわれたら、一つ一つボックスを描くのが面倒くさいので、私だったらボックスを10個以内にとどめ絵を描くことでしょう。それでも観覧車であることはわかりますよね。そんな正に"絵に描いたような"観覧車をこの目で見ました!冗談ではなく、これはきちんと動きます。衝撃的なのは、人の乗り方です。人を乗せるたびに観覧車が止まるのです。7つのボックスにお客さんが全員乗ったところで、クル~ッと2周しました。しかも、私たちが乗ったら、係員の人が写真を撮ってくれました。乗ったまま一番上で止まっているお客さんもいるのに・・・。そこで誰も文句を言わないのが驚きです。日本だったら、間違いなくお客さんが文句を言い出すところです。人生史上最小の観覧車で2周してきました。
ディズニーランドと常に比較をせざる得ない状況でしたが、まったく違う点がありました。ここには動物園のような場所もあるんですね。ここはなかなか良かったです。トラのような猛獣でもなければオリがありませんでした。列車に乗って園内にいる動物たちを見てまわるアトラクションは面白いものでした。シマウマなんて、私たちが通る際にこちらにオシリを向けフンをするサービスまでしてくれました。そういえば、サルが豊富に何種類もいましたが、この園のキャラクターはここから来ているのでしょうか。
CIMG2147これはLOST WORLDという見てあるくアトラクションの中で撮った写真です。恐竜たちが道沿いにたくさんいるところなんです。歩いて見ている最中、夫が「この恐竜の頭はおばちゃんを後ろから見たみたい」と言っていました。私は大爆笑したのですが、どうですか?表から見たところはたいして笑えるものではなかったと思いますが。この恐竜はスプラッシュマウンテンもどきを覗き込んでいる、という状況のようです。
日本人にとって、園内を見てまわると「なんだこりゃ!」という驚きいっぱいです。そういう意味でかなり楽しめるテーマパークだと思いました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 09, 2005

クリーニング屋さん

月曜日に初めてクリーニング屋さんに行ってきました。
先日の夫の会社の日本人スタッフの奥さん食事会で、クリーニング屋さんはどういうところに行っているのか聞いてみました。アドバイスとして、1、店の前で洗濯物を干していないところ 2、近いところ という条件を挙げてもらいました。
1の「店の前で洗濯物を干していないところ」というのは日本で暮らしていると考えられないようなことですが、台湾ではクリーニング屋さんは庭で私たちが出した洗濯物を干しています。そういうところ以外を選んだほうがいいよ、ということです。自宅から一番近いクリーニング屋さんは外に洗濯物を干しています。だから、そこはパスですね。
歩くと、近所にはたくさんクリーニング屋さんがあります。1の条件をクリアするところを探して、早速行ってきました。
受付は日本同様、名前と電話番号を言えばOKです。そこのクリーニング屋さんは、外国人には慣れているのかもしれません。日本語や、英語を話す店員さんではありませんでしたが、「ワ!外国人だ!どうしよう」という感じがありませんでした。私も言葉に困ることなく、お願いできました。
スーツ上下を1セット出してきました。これで250元です。アドバイスで、「とりあえず試しに、大量にではなく少し出してみたほうがいいよ」というのもあったので、1セットにしました。店員さんの雰囲気がよかったので、洗い上がり問題なければ今後もそこに行こうと思います。
お店の案内のカードを見たら、チェーン店でした。そういえば、もう一つのアドバイスに「できればチェーン店がいいかもね」というのもありました。
12月5日にだして、12月10日が仕上がり予定です。
引換券を見たら、苗字が1文字違っていました。クリーニング店によっては適当に台湾苗字(たぶん、林とか陳とか)を付けられるというのを聞いたことがあります。それよりはいいか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2005

下午茶 バンザイ

昨日は中国語スクールの先生の誕生日でした。プレゼントを渡してから、先生と、クラスメイト一人と私の三人でスクール近くのケーキ屋さんでお茶をしました。
午後3時半ごろに入り、6時半頃までいました。さすが女性。お店の名前は確か、CHEESEという名前だったと思うのですが、覚え間違えかも・・・。
午後2時からは下午茶タイムのようで、130元以内の飲み物+好きなケーキが150元でいただけます。なんだか、得した気分。
CIMG2139これが私が食べたケーキです。チョコレートかと思っていましたが、コーヒー味でした。お皿のデコレーションもかわいいでしょ。台湾のお菓子は日本ほど甘くないのです。私は甘いもの大好きですが、度を越した甘さは好きではありません。それと大量の生クリームはダメですね。このケーキおいしかった。飲みものはカプチーノを頼みました。
CIMG2140これはクラスメイトが食べたケーキです。これもおいしそうでしょ。そして、またお皿のデコレーションもかわいらしいです。ちょっと味見させてもらいました。これもあまり甘くないです。見た目のかわいらしさがとってもうれしいです。三人ともデジカメを持っていっていたので、ケーキの写真も撮りまくりました。彼女は、ケーキの写真を撮る先生と私という変な写真も撮っていました。
CIMG2141これは先生が選んだケーキです。これも味見させてもらいました。当然、おいしい!先生は私より3つくらい上なのかな、と思っていたらなんと年下でした。キレイな人なので、ぜったい年上だと思っていたのでした。家に帰って、夫に「先生はキレイな人だから、年上だと思っていた」と話すと「それは、女性は歳を取るごとに美しくなるという仮定に基づいているんだね」と言われました。その後、すぐ話題が変わったのでそれについては話さなかったのですが、おそらく「じゃ、あなたもこれから、歳をとると少なくとも今よりきれいになるのかね?」ということを言いたかったに違いありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2005

意外と寒い台湾

先週末から寒いです。
昨日は、オイルヒーターを出してしまいました。日本で買ったものです。電気代があまりにもかかるため、このオイルヒーターはほとんど使われていませんでした。こちらに来る前にこたつがあったほうが良い、とかホットカーペットがあったほうがいい等の情報はあったので、オイルヒーターも持ってきました。
まだ10度を下回ることはないのですが、寒いのです。日本から考えれば10度はまだ温かいのほうだと思うのですが、床がタイルのため、座り込んだりしたら下から冷えてきます。普段からトイレへ行く間隔の近い私ですが冷えてしまうと、20分に一度トイレへ・・・ということもあります。
外にでる時は、マフラーもかかせません。荷物に入れた覚えはなかったのですが、昨シーズンの終わりにセールでかったマフラーが入っていました。
あとは帽子がほしい。帽子はどうやら、実家へ置いてきてしまったようです。去年、友達に編んでもらった毛糸の帽子をかぶろうと思っていたのに・・・。
「寒くならないから、年末だとかクリスマスの雰囲気でないねえ」などと言っていましたが、寒いと寒いで困りますね。大型スーパーや、デパートに行くと、クリスマスグッズがたくさん売られているので、クリスマスが近いことをようやく実感しています。台湾も日本とノリが一緒ですね。台湾のほうが力入っているかな。デパートの受付のお姉さんはサンタクロースの衣装です。デパートの前にいるタクシーを止めてくれるお兄さんまでクリスマスっぽい帽子をかぶっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2005

停電と地震

昨日の午後4時ごろテレビを見ながら、家計簿をつけていたら停電になりました。そのあと、マンションの裏のあたりから、ゴ~~ンという音。これを聞いて工事なんだな、とわかりました。先日は、朝の6時前が停電になりました。我が家だけなのか、このマンションだけなのか気になり、外を見てみると外の家は明かりがついていました。やはり、そのときもゴ~~ンという音がしました。その音が止まったとたんに明かりがついたのでこれは工事のためだと理解しました。それにしても、まったくお知らせなして、こういうことがあるところがスゴイ。昨日は、お隣の部屋の人はドアを開ける音がしたので、おどろいて外に出たのでしょう。10分も経たずに電気はきました。
今度は午後6時過ぎです。ミシンをかけていました。下糸が終わってしまったのでガックリしていると、部屋が揺れだしました。地震でした。TVをつけて、ニュースを見ましたが、地震のニュースなどやっていません。生放送でもやらないとはどういうこと?インターネットで台北市が4級(これは震度4とは違うのか?)の揺れであったということがわかりました。
さて、私が地震についての情報がほしかったのに、そのときやっていたニュースは、「180キロの女子高校生」とか「今までで一番スゴイ性教育の本」とかそんなのが放送されていました。そろそろ地震のニュースが出てもよいであろうという時間でもです。台湾はケーブルTVが発展しているらしく、ニュース番組も豊富です。日本のNHKにあたるような局がまだわからないのが悩みです。
ゴシップ以外が報道されるニュース番組を台湾に期待します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

週末の消費活動

自家用車がないので、たくさん歩くようになりました。いつも履く、靴の中がなんだか変だなあと思ったら、だいぶ靴の中が削れてしまっていました。靴のなかの板のようなものが丸見えの状態です。これは靴下までダメになってしまいそうです。
CIMG2138というわけで、あわてて買ってきました。微風広場の靴屋さんにて。2600元が1800元になっていました。私は足が小さいらしく、日本ではなかなかサイズがあいません。台湾でもちょうどいいのを見つけるのが難しいかと思います。ディスプレイされているものを試しにはいてみるとやっぱり大きい。小さいのがあるか聞いてみると、持ってきてくれました。で、はいてみるとピッタリ。すぐに買いました。家に帰ってもう一度履いてみると、なんだか、左足のほうがブカブカする感じです。これはMade in Taiwanである先入観のためかもしれません。まあ、履いているうちにだいたいちょうど良くなるでしょう。
今朝のニュースを見ていると、広島でも雪が降っているようですね。台北市も寒くなってきました。マンションの管理人のおじさんも寒いらしく、毛糸の帽子をかぶっています。寒いといっても最低気温はまだ10℃を下回ることはありません。
CIMG2137中山站の近くの三越にちょっと立ち寄ったらちょうど良さそうなジャージが売られていました。朝の散歩はハーフパンツと長袖のシャツで行っていますが、寒くなってきたので、ちょっと厚めのジャージがほしいなとおもっていたところです。HANG TENGのものなので、良いかなと思ってこちらも購入。上・下 各499元が2割引きでした。コットン100%なのもうれしいです。
今朝、さっそく来ていつもの大安森林公園に行ってきました。
夫に「そのジャージ、パジャマみたいだね」と言われました。仲間由紀恵がこれを着ていたら、「似合うね」って言うのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2005

洗濯洗剤アタック

去年は会社の職場の忘年会のクジで洗濯洗剤があたりました。1.2キロ×4箱ありました。そのときはまだ、確か我が家では他の洗剤が残っていたので、すぐには使い始めませんでした。使いはじめたのは春先でしょうか。それからずっと、その当った洗濯洗剤"アタック"を使っていました。台湾への引越しのときもまだ残っていたので、こちらにもってきました。
ですが、いよいよその持ってきた"アタック"も終わりに近づいてきました。
CIMG2132TVCMを見ているとこちらにも"アタック"があるようです。名前は"一匙霊"(霊って難しい字)。箱の見た目もあまり変わりありません。花王が出しています。異国の地にて、母国のものを見ると安心します。迷わずに購入。でも今は自家用車のない生活なので、持って帰るのはちょっと大変ですね。
CIMG2133並べてみると、同じ1.2キロなのに、箱のサイズが違うんですね。なぜなんでしょう。思い出してみると、他のお店にはこの1,5倍サイズの箱のものも売られていました。台湾は箱のサイズのバリエーションが豊富なんですかねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台北101を使った宣伝?

CIMG213111月30日の夜、台北101を見たら、写真のとおり、「TAIPEI101」という字が出ていました。これは普段は出ていません。クリスマスバージョンでしょうか。これが見えるのは我が家の方向だけかと思い、帰ってきた夫に話しました。すると、夫の会社側からは、"CELINE"という字が見えたそうです。
だとすると、台北101を使った宣伝でしょうか。その日から毎日あるのかな、と思ったら、おとといも昨日もありませんでした。1日だけの宣伝だったのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2005

レストラン Aoba

Aobaというレストランに行ってきました。観光雑誌を見ると載っているので、日本人にとっては有名なお店なのでしょう。良い雰囲気のところでした。
夫の会社には日本人スタッフが10人ほどいて、奥さんも一緒に来ている方もいます。その奥様方とお昼を一緒にしました。今回は、家の近いお二人の方に誘っていただきました。
こちらに来て5年目の方と2年目の方が一緒です。中国語がペラペラ~というわけではないのかもしれませんが、私からみると、もう困ることはない、というくらいしゃべったり聞いたりできているように見えました。早くそういうふうになりたい。
今回は写真はないですが、カラスミチャーハン、空心菜のいためもの、酢豚、エビの炒め物(?)、豚の耳(ミミガーっていうんだっけ?)、ハマグリのスープを食べました。どれもおいしかったです。とくにカラスミチャーハン、これは私が好きな味でした。
デザートに、紫芋のドーナツのようなものを食べました。こういうデザートもあるんですね。台湾のデザートは日本のものより甘くなくって、食べやすいです。
さすがにお腹いっぱいになりました。
その夜、夫は日本からの出張者と一緒にまたも鼎秦豊に行ったようです。お土産に餡子の小龍包を買ってきてくれました。「今食べてもいいよー」といってくれましたが、お昼とそのあとの道中での買い食い、ティータイムでお腹がいっぱいだったので、食べられませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »