« 台湾の車 | Main | 九份 »

November 23, 2005

外に出てはいけない時

水曜日と金曜日は中国語レッスンの日です。授業が楽しいので、水曜日・金曜日はうれしい日です。
教室に入ってクラスメイトを待っていました。最後に着いたクラスメイトが「今日は人が外に人が全然いないので、外に出てはいなけいのかと思いました」とのこと。彼女は「サイレンがなったら、外に出てはいけないから、今日もその日かと思った」と言っていました。
先生に聞くとそれは「中国が攻めて来たときのために、ときどき訓練をします。そのときは車も止まります。」と教えてくれました。そんなことがあるのかと私が心配していると「大丈夫です、そういうときは警察官が外でウロウロしていて、建物から出ようとしたら『出ちゃダメ』って言ってくれるから」と追加してくれました。
あまり「大丈夫です」な気分にならないけど、とりあえず、そういう訓練もあるということを知ることができてよかったです。
台湾の人も大変だなあ、と思いました。私自身も今は台湾に住んでいるのでそういう危険もあるんですね。それよりも、実際に訓練をしていると知ったことのほうが衝撃が大きいです。本で読むより、台湾と大陸のとの関係を感じました。

クラスメイトが外に人がいない、と感じたのはSOGOの大セールが終わったためです。セール中はエレベーターに乗るための列ができていました、ディズニーランドのアトラクション待ち列みたいなのが。今日はさっぱり人がいませんでしたねえ。

|

« 台湾の車 | Main | 九份 »

台湾の人々」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 外に出てはいけない時:

« 台湾の車 | Main | 九份 »