« 天仁茗茶 | Main | 鼎秦豊 »

November 26, 2005

天香樓(亞都飯店内)

遅めのお昼ご飯&デザートの後は先輩方のお土産買いについていきました。私と夫だと入らないようなお店にも行ってきました。私が普段持ち歩いているバッグ×5倍~10倍の値段のバッグ、指輪を購入していました。高いものをたくさん見られて楽しかったです。
その後、夜の宴となりました。亞都飯店内にある天香樓というところを、夫の上司が予約していました。上海ガ二を食べられるとのことです。2600元のコースを選びました。
CIMG2028まずは飲み物。私はお茶をいただきました。きれいです。よい香りがしました。でも、変な味はなくさっぱりしていました。急須じゃなくて、茶碗に蓋をして飲む用の茶碗についでもらいました。写真を撮るため蓋を開けていました。カメラをいじっていたら、すかさず店員さんにお茶碗の蓋をされてしまいました。
CIMG2029すべて料理名を忘れてしまいました。これはエビとレバーを使ったりょうりです。エビはプリプリしていました。レバーも食べにくくなかったです。誰かが、レバーを見て、「タコさんウィンナーのようだ」と言っていました。確かに見た目がそんな感じしました。
CIMG2031ジャジャーン。フカヒレです。こんな大きいフカヒレは初めてです。特別おいしいと思わなかったのですが、こういうものですか?私はウニの味もよくわかりません。下に豚肉?牛肉?も沈んでいました。もうこのあたりまで食べるとおなかいっぱいに。
CIMG2033アワビと・・なんだっけ?これ、私は一番おいしかったです。甘酸っぱいソースがかかっています。こういう味がすきなんですよねえ。男性にはちょっと不評のようです。色もきれい。好きな配色です。黒いのがアワビだそうです。だ、そうです、って言われないと自分ではアワビとは気がつきません。
CIMG2034出ました。上海ガ二です。ゆで卵のような味がするよ、といわれました。本当にそのとおり。ゆで卵の味です。私はかたっぱしから食べましたが、ぜーんぶ、カニから食べられるところを出し、最後にスプーンですくって食べる、という食べ方をした人もいました。夫は前日まで大陸に出張に行っていました。そこでも上海ガ二を食べたそうですが、おいしくなかったようです。おいしいカニは香港と台湾に持っていかれてしまうそうです。
CIMG2036苦しい、苦しいといいながらもまだまた皿は出てきます。これは上が魚、下が豆腐です。これもソースがおいしかったですね。お腹いっぱいなのに、全部食べてしまいました。そろそろデザートがでてきてもよいのでは?間に紹興酒も少し飲んだりして、いよいよお腹いっぱいの状況になってきました。

CIMG2038デザートどころか、ご飯が出てきました。豚の角煮です。おいしかったのですが、もう本当にお腹いっぱいのため、ほとんど食べず・・・。壺に角煮が入っています。器も凝っていますね。


CIMG2041デザートです。デザートも山盛りです。スイカとメロンとスターフルーツとパッションフルーツです。それと蜂蜜、これは何に使うんでしょうか。スターフルーツって私、初めて見ました。「これ、なに?」というと、私以外の全員が「スターフルーツだよ」と。ゆ、有名ですか?スターフルーツ。
CIMG2042最後です。ゴマのデザート。温かいです。このゴマのスープの中に、ユリ根?が入っていました。なんとなくサクサクしていました。苦しい、苦しいといいながらもこれだけは全部食べました。
ホテルの中だけあって、中国語、英語、日本語でのサービスでした。いい値段することだけあって、ゆったり食べることができました。大勢で食べると楽しいですね。

|

« 天仁茗茶 | Main | 鼎秦豊 »

台湾生活 食べる」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天香樓(亞都飯店内):

« 天仁茗茶 | Main | 鼎秦豊 »