« October 2005 | Main | December 2005 »

November 2005

November 30, 2005

下駄箱に物申す

台湾では物の品質にがっかりすることが多いです。
CIMG2100これは我が家の下駄箱です。一見、普通の下駄箱ですが、赤い丸を付けた部分の拡大図が右の写真です。

CIMG2101なんだか、ズレとるがな・・・・。
まあ、これはいいです。私がもし下駄箱を作ることになったら、こうなるでしょう。でも次は許すまでに時間がかかりました。

CIMG2106
なんと、男物の靴を入れると閉まらない!!つま先側の壁になにかあるのかと思ってしまいますが、なにもありません。私の靴はなんなく入りました。ひょっとして、女性の靴用の下駄箱??それとも台湾の男性は足が小さいの?などと考えてしまいました。
どうして、これが売られているのでしょう?これは大家さんが買ってくれたものです。自分たちで買うなら店で靴がちゃんと入るかチェックするかと言われると、しないと思います。じゃあ、いったい誰が悪いの?としばらく考えました。出た答えは、「そんなことを気にする私が悪い」です。
家の中の周りを見るとそういうツッコミどころ満載の物ばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台中のお土産

同じマンションの12Fの日本人の方から、台中のお土産をいただきました。だんなさんの仕事の関係でお土産のお菓子をたくさんもらってしまい、食べきれないから、どう?ということでいただいてきました。
CIMG2098ぱっと見たところだと大きさがわからないかもしれません。下のほうにSonyのウォークマンを置いてみました。とても大きいのです、このお菓子。周りはパイ生地に近いものですね。その中に、ジャムが固められたような餡が入っています。日本人にも食べられる味です。台湾のお土産として有名なパイナップルケーキは実は台中のものであるということは最近知りました。このお菓子も台中のもののようです。
食べているとポロポロとまわりのパイ生地のようなものが落ちてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長野県フェア

微風広場で、日本の長野県フェアをやっていました。
新聞やニュースでも出ているようですね。私はおととい、夫からその話を聞いて、昨日早速いってみました。
CIMG2111これが母国日本の長野県のパンフレットの表紙です。いくつか長野県の観光地のパンフレットが置かれていましたが、中国語対応になっていたのはこれだけでした。台湾の人はこの表紙の建物をみてどう思うのでしょうか。着いた時間がよかったのか、そば打ちが披露されていました。試食もできました。これは食べねば、というわけで食べてみました。おいしい。このやさしい味。でもこれも台湾の人にはどうなんでしょう。味にパンチがないなあと感じているのではないでしょうか。乾麺もそこに並べられていました。興味を持った人は買っていっているようでした。でも、この微風広場には常時、そばの乾麺は売られています。店員さんが言っていることはさっぱりわかりませんでしたが、「らーめん」という音と「ピングオ」という音は聞こえてきました。おそらく、そばのことは「ラーメン」と似たものだよ、と説明していたのでしょう。「ピングオ」はリンゴですね。リンゴも売られていたので、その話をしていたのでしょう。
CIMG2114なつかしの安曇野。これは日本語しか書かれていません。なかを広げてみると地図があって、思わず以前の我が家の場所を探してしまいました。家に帰って夫に見せると同じように、この辺に住んでいたよねえ、とやっていました。
そばや、りんごのほかにはワインもありました。ジャムもありましたねえ。漬物や味噌も。
12月11日までやっているようです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 29, 2005

お茶犬?

日本でもそうですが、郵便受けに前の住人宛ての郵便物が入っていることがよくあります。
昨日は天仁茗茶からの郵便物が入っていました。12月はセールがあるようです(勝手に開けて見ました。)それをパラパラっとめくっているとなんだか馴染みのある絵。日本人ウケする絵なのかなと思ってあまり気にとめなったのですが、もう一度パラパラっとみたときに気がつきました。
CIMG2094これは伊藤園のお~いお茶についていたマスコットと同じではありませんか?よく見ると「お茶犬」って書いてあります。このお茶犬は日本国内だけのもので台湾で使われてもオッケェなんでしょうか。それとも伊藤園と天仁茗茶とは提携があるとか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夫の初給料

先月、給料の締めの関係で2日分だったようですが、夫がこちらに来てからの初給料が出ました。給料明細を見せてもらいました。とくに銀行の通帳は確認しませんでした。
数日たち、夫が日本人スタッフとお昼を食べていたときに、「日本人スタッフ4人の給料が、誰が1人のところに間違えて振り込まれた」という話を聞いたそうです。その4人のうちの1人が夫のようです。初めてのお給料がそんなことになるなんて・・・。
CIMG2093そこで銀行よりお詫びとして贈られたものがこれです。一つは画集。重いです。パラパラっとめくってお蔵入りです。もう一つはお茶です。お茶は2箱ありました。さっそく飲んで見るとおいしくありません。お詫びにもらったハズなのに、おいしくないとは・・・。箱の側面を見るとなんだか体に良さそうなことが書いてあります。血液の流れが良くなりすぎてしまうのでしょうか。手術後は飲むな、とか。良薬口に苦し。
夫は1杯飲んでもう勘弁という様子です。仕方ないので、私が毎日飲んでいます。やっと1箱終わりました。折り返し地点です。味はなんとなく甘いです。お茶だけでは飲めなくてお茶の供がなくてはなりません。
画集も3年後の帰国時にはどうなることでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2005

魯肉飯(るうろうはん) 鬍鬚張

夫が筋肉痛のため、お昼は遠出はせず近くで食べたいと言いました。
と、するとお得意の八方雲集(餃子屋さん)か?と私が提案したのですが、ヤダの返事でした。木曜のお昼に食べた上に明日のお昼もそこに決まっているからの理由です。
そういうわけで、家から八方雲集へ向かつ途中にある鬍鬚張へ行ってみることにしました。魯肉飯屋さんです。肉そぼろがけご飯って感じです。
チェーン店のようですね。
燙青菜と揚げ豆腐のあんかけのようなものと魯肉飯を注文しました。たぶん、どれも一ヶ月前には食べられなかった味だと思います。私たちの舌はだいぶ台湾化していると思います。「友達が遊びに来て『台湾の人たちが普段食べるところに連れていって』といわれて連れてきても、たぶんあまり食べられないかもね・・・」と話ながら夫と食べました。魯肉飯は写真よりご飯にのっている肉が少ない・・・。日本だったら、ジャロ(『ウソ・大げさ・紛しい』のジャロ)に電話したくなるような量です。燙青菜は野菜そのものに独特の味がありました。
まあまあおいしかったと思います。"二人で"合計102元。日本円で350円くらいです。安い!
でも、こういうところで食べると食後ゆっくりできず、家に帰る途中で「ちょっとデザートを。。。」というわけで、7-11に寄ってしまいました。15元の大きな黒糖プリンと、30元のパパイヤジュースを買い、家で楽しみました。
日本にも支店があるようです。日本のはなんだか、高く感じます。こっちの値段を知っていると。でも、日本人向けに味が付けられているんでしょうね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

鼎秦豊

ついに鼎秦豊へ行ってきました。
日本人スタッフの研修から夫が土曜の13時に帰ってきました。お昼ごはんは食べていないとのこと。チャーハンでも・・・と思って聞くと、ヨーグルトくらいでいいや、の返事です。どうしたことか。
そして、夫より提案がありました。「鼎秦豊は午後は16時からだから、その時間に入って小籠包を食べない?」と。というわけで行ってきました。
お店に入ると、もう日本人だとバレバレです。こんな時間に入るのは観光客だけってことなんでしょうか?
CIMG2083こ・れ・が、小籠包です。170元だったと思います。これは出てくるのが早かったですね。もう、注文がなくてもジャンジャン蒸しているんでしょうか。ショウガの刻まれ方が、私は「高記」より好きです。皮が薄いんですね。上手に持たないと簡単に破けます。「高記」はもうちょっと丈夫、というか、厚いんでしょうか。テーブルについたときにお茶が出てきました。このお茶がおいしい。何茶なのかはさっぱりわかりませんが、おいしかったです。ちょっとでもお茶が減ると店員さんがすぐに注いでくれます。
CIMG2085八宝飯です。見た目がきれいです。こんな時間に入ったのですが、小籠包のほかにもなにか頼もうということで、小さいのを一皿お願いしました。これはご飯の部類に入っていますが、甘いものです。真ん中には餡子が入っています。女性は好きなのではないでしょうか、こういう味。夫は「ご飯だと思って食べると食べられないかも」といっていました。男性は「これはデザートである」と思って食べたほうがいいかもしれないですね。
この店の案内が書かれている名刺サイズのカードを見て、日本の支店のほうが多いことを知りました。
夫の会社の人の話だと、メニューが少ないという感想もあるようです。私たちの場合、こういう時間に入ってこのくらいの量しか食べなければ、全メニュー制覇には時間がかかりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2005

天香樓(亞都飯店内)

遅めのお昼ご飯&デザートの後は先輩方のお土産買いについていきました。私と夫だと入らないようなお店にも行ってきました。私が普段持ち歩いているバッグ×5倍~10倍の値段のバッグ、指輪を購入していました。高いものをたくさん見られて楽しかったです。
その後、夜の宴となりました。亞都飯店内にある天香樓というところを、夫の上司が予約していました。上海ガ二を食べられるとのことです。2600元のコースを選びました。
CIMG2028まずは飲み物。私はお茶をいただきました。きれいです。よい香りがしました。でも、変な味はなくさっぱりしていました。急須じゃなくて、茶碗に蓋をして飲む用の茶碗についでもらいました。写真を撮るため蓋を開けていました。カメラをいじっていたら、すかさず店員さんにお茶碗の蓋をされてしまいました。
CIMG2029すべて料理名を忘れてしまいました。これはエビとレバーを使ったりょうりです。エビはプリプリしていました。レバーも食べにくくなかったです。誰かが、レバーを見て、「タコさんウィンナーのようだ」と言っていました。確かに見た目がそんな感じしました。
CIMG2031ジャジャーン。フカヒレです。こんな大きいフカヒレは初めてです。特別おいしいと思わなかったのですが、こういうものですか?私はウニの味もよくわかりません。下に豚肉?牛肉?も沈んでいました。もうこのあたりまで食べるとおなかいっぱいに。
CIMG2033アワビと・・なんだっけ?これ、私は一番おいしかったです。甘酸っぱいソースがかかっています。こういう味がすきなんですよねえ。男性にはちょっと不評のようです。色もきれい。好きな配色です。黒いのがアワビだそうです。だ、そうです、って言われないと自分ではアワビとは気がつきません。
CIMG2034出ました。上海ガ二です。ゆで卵のような味がするよ、といわれました。本当にそのとおり。ゆで卵の味です。私はかたっぱしから食べましたが、ぜーんぶ、カニから食べられるところを出し、最後にスプーンですくって食べる、という食べ方をした人もいました。夫は前日まで大陸に出張に行っていました。そこでも上海ガ二を食べたそうですが、おいしくなかったようです。おいしいカニは香港と台湾に持っていかれてしまうそうです。
CIMG2036苦しい、苦しいといいながらもまだまた皿は出てきます。これは上が魚、下が豆腐です。これもソースがおいしかったですね。お腹いっぱいなのに、全部食べてしまいました。そろそろデザートがでてきてもよいのでは?間に紹興酒も少し飲んだりして、いよいよお腹いっぱいの状況になってきました。

CIMG2038デザートどころか、ご飯が出てきました。豚の角煮です。おいしかったのですが、もう本当にお腹いっぱいのため、ほとんど食べず・・・。壺に角煮が入っています。器も凝っていますね。


CIMG2041デザートです。デザートも山盛りです。スイカとメロンとスターフルーツとパッションフルーツです。それと蜂蜜、これは何に使うんでしょうか。スターフルーツって私、初めて見ました。「これ、なに?」というと、私以外の全員が「スターフルーツだよ」と。ゆ、有名ですか?スターフルーツ。
CIMG2042最後です。ゴマのデザート。温かいです。このゴマのスープの中に、ユリ根?が入っていました。なんとなくサクサクしていました。苦しい、苦しいといいながらもこれだけは全部食べました。
ホテルの中だけあって、中国語、英語、日本語でのサービスでした。いい値段することだけあって、ゆったり食べることができました。大勢で食べると楽しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2005

天仁茗茶

九份から台北市に戻ってちょっと遅めのお昼となりました。天仁茗茶でお昼ご飯とお茶&デザート兼ねようということになりました。
CIMG2014まずはお茶を頼みました。さて、昨日のことなのに、すっかり何を飲んだか忘れてしまいました。これはなんでしょう・・・・?ジャスミンティー?聞いたことのないお茶は頼んでいません。いい香りがしました。
CIMG2019お茶にはお茶菓子つきでした。ウメと草もちです。ウメは紹興酒に入れるようなガチガチのじゃなくて、やわらかい甘いものでした。草もちは甘くなかったですね。草の味がしっかりしました。草もちのほうは20袋くらい入った大袋で90元で売られていました。
CIMG2016小龍包です。なんと合理的にタレとショウガが最初から混ぜられてきました。でもそのタレあまりおいしくなかったですね。つけずに食べました。お茶屋さんだからこれにまでお茶が入っているんでしょうか。
CIMG2017お茶の葉のてんぷらです。これが意外とおいしい。しかも、ちゃんとカリっと揚がっていたのでびっくりでした。これにはお塩がついてきました。サラサラしたお塩でした。そういえば、これもこの塩をつけずに食べたほうがおいしかったです。
CIMG2021蝦のシュウマイです。これは人気でした。追加でもう一つお願いしたくらいです。大きいシュウマイでしたねえ。

CIMG2022名前忘れました。蒸し餃子だったのかな。ぱっと見があまりおいしそうにみえません。
CIMG2023←割ったところ、これもおいしそうに見えないのに、意外や意外おいしかったです。この緑色はなんでしょうねえ。ニラか?ねぎか?
CIMG2024体が細いのにたくさん食べる人がいました。もうおなかいっぱいの雰囲気なのに、「なんだか麺類を食べたい。。。」と。私は少し分けてもらいました。お茶が入っているので、麺もお茶色です。あっさりしています。でも量は多いです。あれだけ食べてからだと、いくらあっさりしていても1人分も食べられません。
CIMG2026お楽しみのデザート!こんなにかわいいのに、味がなかったです、かわいいから味がないの?これはデザートである!と言い聞かせ食べた感じです。抹茶アイスを頼んだ人がいました。日本の抹茶アイスにやっぱり何か追加されている味でした。でも私はおいしいと思いました。ダメな人もいました。Japanese Styleって書いてあったような・・・。やっぱり、「日式」とか「和風」とか「Japanese Style」とか書いてあるのは台湾の人向けに味が付けてあるのだから、日本人には合わないのだなあと再確認したのでした。
このあと、先輩たちは一階に降り、お土産用のお茶を大量に買い込んでいきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

九份

以前いた会社の先輩が台湾に遊びにきました。夫の上司が11月23日、24日とその先輩たちをアテンドするとのことで、私も24日は参加させてもらいました。私は決してアテンドする側ではなく、アテンドされる側です。
タクシーを借り、九份へ向かいました。
CIMG2010台北市のにぎやかなところから、1時間ほど車に乗ったでしょうか。山の中腹に写真のような露天が並んでいました。平日だったせいか観光客も少なく、ゆったりと歩けました。お店もゆっくり見ることができました。お店はほどんとお土産屋さんです。混んでいたら、お店の間の道路からこのように写真を撮ることはできないでしょう。私はこの写真のような雰囲気がいいなあと思いました。

CIMG1997途中でお茶休憩です。海山觀茶坊というところに入りました。これぞ、台湾の観光雑誌の「お茶を飲もう」のページに載っているようなお茶です。1ヶ月経ってこのようなお店に初めてはりました。まだまだ初めてだらけです。ちっちゃ~いお茶碗で飲むんですね。1回目、2回目と回数によってお茶の色も違えば、もちろん味も違いました。お茶の葉の450元 + 人数(茶碗の数)×100元でした。そとのテラスのようなところにでました。ちょっと寒かったですが、基隆の港を見ることができました。晴れるともっと眺めがいいのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2005

外に出てはいけない時

水曜日と金曜日は中国語レッスンの日です。授業が楽しいので、水曜日・金曜日はうれしい日です。
教室に入ってクラスメイトを待っていました。最後に着いたクラスメイトが「今日は人が外に人が全然いないので、外に出てはいなけいのかと思いました」とのこと。彼女は「サイレンがなったら、外に出てはいけないから、今日もその日かと思った」と言っていました。
先生に聞くとそれは「中国が攻めて来たときのために、ときどき訓練をします。そのときは車も止まります。」と教えてくれました。そんなことがあるのかと私が心配していると「大丈夫です、そういうときは警察官が外でウロウロしていて、建物から出ようとしたら『出ちゃダメ』って言ってくれるから」と追加してくれました。
あまり「大丈夫です」な気分にならないけど、とりあえず、そういう訓練もあるということを知ることができてよかったです。
台湾の人も大変だなあ、と思いました。私自身も今は台湾に住んでいるのでそういう危険もあるんですね。それよりも、実際に訓練をしていると知ったことのほうが衝撃が大きいです。本で読むより、台湾と大陸のとの関係を感じました。

クラスメイトが外に人がいない、と感じたのはSOGOの大セールが終わったためです。セール中はエレベーターに乗るための列ができていました、ディズニーランドのアトラクション待ち列みたいなのが。今日はさっぱり人がいませんでしたねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台湾の車

今朝、ニュースを見ていたら夜の国道を時速200キロで走る車が話題になっていました。
私は夫に言われるまで気がつかなかったのですが、こちらの車はスピードメーターが200キロまであります。普段生活している付近の道路では、どこで200キロも出せる場所があるんだ、という感じです。
そういえば、こちらではエアロパーツをゴテゴテと付けた車を見ることはほとんどありません。たまに「ブォーン」なんて音とたてて走る車の音を聞くとどんな車だろうと思ってみるのですが、日本のようにガンバってエアロパーツをつけていません。
車が多くて道路はなんとなく埃っぽいですが、どの車も割りときれいです。たぶん、こちらに来る前に乗っていた私の車よりキレイでしょう。でもみんなどこで洗っているのか不明です。
日本の車のマナーはここに比べるととてもいいな、と感じます。一度、夜市へ向かうためにのったタクシーはひどいものでした。右左折が何回かあったのに、一度もウィンカーがでることはありませんでした。あそこまで徹底しているのもすごい・・・。日本では信じられないような割り込み、追い越しが当たり前です。25年も日本にいてこれを見ると本当にビックリします。小さいころからここで育っていればアレが当たり前なんですよねえ。
これも夫が言っていたこと。「急発進、急ブレーキがなければもうちょっと燃費がよくなるんじゃないかな。」同感です。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 22, 2005

切手の購入

昨日、ハガキを買ってきました。絵葉書です。ここは台湾だけど、Printed in Franceのものです。ちょっとシャレたところに行ったので、そういうのしかなかったのです。クリスマスカードがたくさんありました。
今朝は切手を買ってきました。朝の散歩の途中に郵便局があります。そこには切手の自販機があります。日本まではハガキは10元分の切手で送れます。
昨夜、このくらい空けておけば切手が貼れるかなぁと思いある程度、切手スペースを作りハガキを書きました。あとは貼って出すだけです。ハガキを持って郵便局へ向かいました。
自販機では5元、9元、12元・・・・(間は忘れた)25元の切手が売られていました。私が必要なのは10元分。なので5元を2枚買いました。
CIMG2095
出てきた切手を見ると、デカイ!こんな大きさ2枚も貼れません。仕方ないので12元を買いました。5元も12元も切手の絵柄は同じです。家に帰ってみてみると、同じ絵柄に「○元」と印刷されているだけです。たぶん25元切手を買っても、同じ絵柄で金額が印刷されるだけでしょう。
CIMG2096
郵便貯金ATMの近くにも自販機がありました。それを除いてみると、6枚セットのものや、時期柄クリスマスカード、あとは官製はがき、封筒もまとめて売られていました。
せっかくすぐにポストに投函できるようハガキを持っていきましたが、ペロッとなめて貼りつく切手ではありませんでした。家に持って帰ってきて糊で貼りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2005

お好み焼き TEN屋

土曜日の夜はお好み焼きを食べてきました。
今日はどこで食べようかと、またも忠考復興のSOGO近くの道を歩いていました。こちらに来たばかりのころ、この近くのカレー屋さんで食べたねえなんて話をしていました。夫の話に寄ると、そのカレー屋さんの近くにお好み焼き屋さんがあるとのこと。ホントにカレー屋さんの真横にお好み焼き屋さんがありました。入り口が狭いので遠くからは見えませんでした。入り口で、「いくらかねぇ?」なんて話をしていると、もう店員さんが出てきました。こちらは店員さんが迎えに来ちゃうんですよね。もうちょっと考える間を与えてほしい。
すぐ入れると言うので、そのお好み焼き屋さん「TEN屋」に入ることにしました。ここも「いらっしゃいませ。こんばんは~」と迎えてくれます。夫に「ここは上手?」と聞かれます。どうやら、私は"『いらっしゃいませ』評価員"のようです。そうですね~、このお店は先日のお寿司のお店、「吉庵」の次に上手だと思います。
夫は豚チーズ、私はツナチーズをお願いしました。それとマンゴージュースとレモンティー。飲み物は「No ice?」と聞かれました。No iceをお願いしました。温かいものが出てくるのかと思ったら、氷抜き常温で出てきました。マンゴージュースはそれでよいですが、レモンティーもそう出てくるとは。レモンティーはすでに砂糖が入っていました。「No  ice」という表現には偽りなしです。
お好み焼きはお店の人に焼いてもらいました。丸く形づくるのは上手でしたねえ。ひっくり返すのは自分たちでするのかと思い、勝手やったら店員さんが「もうひっくり返しちゃったの?」というような雰囲気で何か言われてしまいました。
マヨネーズは台湾マヨネーズ(甘いの)ではなく、私たちにとって普通のマヨネーズでした。ソースも台湾風味でなかったので、おいしかったです。だから、日本で食べるのとそう変わりはありません。私たちがそう思って食べるものは、果たして台湾人もおいしいと思っているのでしょうか。もっと、パンチのある味を求めているのでは。
お店を出ると、すぐにまたお好み焼きやさんがありました。そこは看板に「お好みやき もんじャ焼き」と書いてありました。「や」が「ヤ」になっているあたり、日本人の監督はいないんでしょうねえ。TEN屋は日本にも支店(本店?)があるのでしょうか。メニューの日本語に変なところはなかったと思います。
このTEN屋は食べている途中でお皿等を下げられることがなかったので、忙しい印象はありませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2005

キョロちゃん

CIMG1905CIMG1906日本でもキョロちゃんのアニメって放送されていたのでしょうか。私は見たことがありません。でも、日本で放送されていたっぽいです。しばらく見ていたらキョロちゃんてかわいいなあと思いはじめました。声もかわいいです。「クエッ」って言わないです。
アニメを見ているとキョロちゃんの年齢は5歳~7歳というように見えます。でも一羽(匹?)暮らしです。私が最初に見た回はキョロちゃんが住む村、全体が風邪をひきまくるという内容でした。当然キョロちゃんのお友達も風邪をひいています。キョロちゃんのお友達は両親や、お姉ちゃん、おばあちゃんに看病してもらっています。それをキョロちゃんはいいなあ・・・と眺めています。ところが、キョロちゃんだけなぜか、風邪をひきません。お友達が治ったころにキョロちゃんは風邪をひくわけです。子供なのに、一匹暮らしのキョロちゃんは看病してくれる人がいないのです。かわいそうでした。アニメなのに、本気になって見てしまいました。近所の人に巨大なプリンを食べさせられたりして、何とかキョロちゃんは回復したのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2005

杏仁豆腐ジュース

CIMG1909コンビニに寄ったときに、見かけたので買ってみました。「杏仁茶」。「茶」って書いてあるから、緑色を想像していたのに、真っ白でした。そして、味は杏仁豆腐が固まっていないだけの味。なぜ、「茶」?
もっと変な味がするかと、ちょっと期待していました。でも、変な味すると値段に比例して怒りも増します。まったく杏仁豆腐そのままの味なので、ゼラチンを入れれば杏仁豆腐になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2005

龍山寺

龍山寺というところへ行ってきました。観光雑誌にはあまり大きく載っていませんが、それでも観光地のようです。MRTでも駅名になっているくらいで、交通面から見て行きやすそうで初心者向きです。
IMG_5500駅に着き構内から出てみるとこの人・・・。何をやっているのでしょう。しばらく見ていても何かを待っているとか何か商売をしているということでもなく、ただただ、たたずむ人々。座れそうなところにず~っとおじさんたちが居ます。よくわかりません。みんなお散歩の休憩でしょうか。おばさんの姿は少ないです。
IMG_5502予習によると、神様も仏様も一緒に居る寺(神社でもあるの?)だそうです。台湾ですね~。建物の色が緑と赤が目立ちます。天気もまあまあで、色がよく映えます。撮影スポットなのでしょう。カメラを持った人がたくさんいました。
IMG_5514この長いものは線香です。これが一般的な長さなの?特別?線香は無料です。「線香はただです。日本と違うでしょ」とおじさんが日本語で言いながら7本線香を渡してくれました。7つの仏様と神様がいるんでしょうね。日本人ツアーらしきところの近くに行き説明を一緒に聞こうと試みましたが、聞き取れませんでした。
こちらの祈りかたはすごいですよ。線香をブンブン振ります。こんなに線香が長いのに人が近くに居ようが、ブンブン振ります。そして熱心そうな祈りかたが印象的でした。
私たちが住んでいるところと違い、周りの建物の背が低かったです。その分、たくさん空が見えました。あのくらい空が見えるといいのになあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2005

快適なビジネスクラス

そういえば、私たちは飛行機はビジネスクラスに乗って台湾にやってきました。初めてのビジネスクラス!だったのに、着いてからいろいろあり過ぎてあの感動をすっかり忘れていました。
引越し前あたりからの写真を見ながらそれを思い出しました。といっても食べものの記憶ばかり。
IMG_5409これは夫が食べた洋食のほうです。カロリーが書いてありました。1000キロカロリー近かったような記憶があります。ローファット食も用意されていましたが、夫は気にしながらもローファットではないほうをオーダー。ステーキですね。
IMG_5410これは、私が食べた和食ですね。メニューはすっかり忘れてしまいました。エコノミーとは違うのは食器。仕切りのあるトレーの入れ物とは違います。フォークとナイフもプラスチックではなく銀色です。
IMG_5413お楽しみのデザート。これは洋食、和食共通です。ケーキ2種類だったと思います。こんな風に写真を撮っているから、エコノミークラスツラに見えるのです。よってトイレはエコノミークラス用のトイレに連れて行かれることになるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2005

お寿司 吉庵

昨日の夜はお寿司を食べてきました。そろそろお寿司を食べたくなったからです。といっても最近お寿司を食べたのはセントレアでの10月19日の夜ですから、我が家の寿司お寿司を食べる間隔としては短いかもしれません。
以前、夫の会社のかたに教えてもらった、「吉庵」というところへ行きました。ここは日本人がオーナーとのことです。
まず、入ると「いらっしゃいませ~」。上手です。今まで「日式」とつくレストランへ入るとだいたい、「いらしゃいませ(小さい「つ」が言えてない)」と迎えられました。吉庵は今までの「いらっしゃいませ」で一番上手ですね。店員さんはたくさん練習したことでしょう。これに感動。
そして、店内が静かです。なぜか、台湾のレストランは騒がしいというか、にぎやかですなんですよね。
メニューは全部、日本語でも書かれていました。夫が400元(12カン)、私が300元(8カン)の握りを頼みました。おいしかったですねえ。夫の方には、ウニの軍艦がありました。夫においしいかどうかを尋ねると「回転寿司あっちゃんのウニが75点だとすると、このウニは65点」と言っていました。あっちゃんには負けてしまいましたが、ここでは高得点ではないでしょうか。
それと、カキのバター焼きも頼みました。バター醤油で味付けされたもので、これもおいしかったですね。「これでお腹を壊さなければ、言うことなし」といいながら完食。これを書いている今、特にお腹の調子が悪いことはないので大丈夫だったのでしょう。
大満足してお店を出ました。写真を撮ってくるのを忘れたのが残念。でも、また行こう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2005

セブンイレブンのキャンペーン

CIMG1907台湾のセブンイレブンではキャンペーンをしています。77円以上だったかなあ。金額は忘れましたが、ある一定の金額以上を買うと、プレゼントがあるというものです。そのプレゼントってのが、この写真。CMでは見ていたのですが、実際に見るとすっごく小さい。こんなに小さいなんて。私はいらないです。でも否応なく渡されます。おととい新聞を読んでいたら、このキャンペーンのおかげで売り上げが伸びたそうです。それでそれをマネしてファミリーマートも似たようなキャンペーンを始めたんだとか。
夫に「こんなものいらないよねえ。誰がほしいの?」と聞くと、「日本でもあるでしょー。ペットボトルについてくるお茶の犬」。そうか。そういうのもありました。
10月~12月は台湾ではどのお店も周年慶をいうのをやっています(やるそうです)。セールです。このセール、言葉がまだまったくわからない私たちにとってはやっかいもの。お店によっては、いくら以上かうと何%引きだとか、何かプレゼントを付けるというシステムになっているようです。そういう店で買い物してしまうと、大変。その金額にいかないと店員さんが「あとちょっとでこの金額なんだけど、ホントにこれで会計しちゃうの?」(たぶんそう言っている)と聞いてきます。最初は何を言われているのかわかりませんでしたが、わかってきました。それがどこの店でも毎度毎度言ってくれるのです。こっちとしては「そんなのいらないから。早く会計してくれー」なんですが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 10, 2005

住んでいるアパート

住んでいるアパートは12階建です。私たちは10階に住んでいます。この10階はオフィスが1つと住宅用が2つになっています。
お隣さんは、台湾の人ではないのかな。偶然、エレベーターで一緒になり会ったときの印象はそういう感じです。玄関を見るとなにやら、飾り物をしています。そこに書いてある字が、・・・読めない・・・・。何語なのかもさっぱり。故郷あるいは宗教のものかもしれまん。クリスマスの飾りつけかなあ。
午前中、出かけて帰ってくると上へ行くエレベーターでまたもこのアパートの住人さんと一緒になりました。何人か偶然このように会ったことがありますが、その女性とは初めてです。赤ちゃんを連れていました。その女性は何か言っていました。しばしの沈黙。ああ!日本語だ!確か「ほらぁ。『こんにちはぁ』って」って。これはお母さんが赤ちゃんに言っている言葉ですね。で、私も「こんにちは」と返してみました。
最上階の住人さんで日本人でした。感動。お隣さんも外国人っぽいから、割と国際色豊かなアパートなのかな、と思っていましたが、日本人もいたとは!
まるで、外国で日本人にあったような感動、と思ったら本当に外国で日本人にあっているので「まるで」ではありません。
そごうや、微風広場、三越等のデパート、語学スクールに行けば、日本人が当たり前のようにいますが、同じアパートにいるとはびっくりでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2005

新聞を取る

CIMG189811月1日より、新聞を取っています。夫の会社で手配してくれました。1日のお昼ごろ会社の総務部(かな?)にお願いしたそうですが、その日の午後2時ごろには届きました。いつごろ配達されるのか、しばらく様子をみてみました。国際衛星版ですので午後2時から3時ころに配達されるようです。1日目は対応の速さに驚きましたが、お願いした時間がギリギリ配達に間に合う時間あったのですね。
取る新聞はいくつか選択肢がありました。今まで読みなれた信濃毎日新聞がほしいところですが、さすがに選択肢にはありませんでした。というわけで、学生時代に少し読んだ朝日新聞にしました。
香港が拠点となっているのでしょうか。広告面は香港を中心とした旅行会社、レストラン等が載っています。
たまに郵便物が来ると、管理人さんが「あなたに荷物とどいていますよ」と連絡をくれました(少し日本語を話す管理人さんもいる)。毎日、新聞が届くようになってその連絡はなくなりました。さすがに毎日は・・・と管理人さんも思ったことでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

朝ごはん

CIMG1904台湾では朝から外食ってことも多いようです。夫の話だと、出勤途中で朝ごはんを購入し会社で食べる人もいるそうです。でも、朝から外食ってちょっと忙しいですね。写真は今朝の朝ごはんです。和食バージョンです。日本にいたときはこれプラス納豆でした。
トーストの日も増えました。日本だと平日がお米、休日がトーストが定番でした。
炊飯器がやっと今日届きます。荷物は航空便と船便があり、船便の分が今日届く、ということです。航空便のなかに炊飯器入れるつもりだったんですけどねえ。すっかり忘れていました。なので、ご飯は買っていました。「サトウのご飯」、とか「加ト吉」とか。私は「加ト吉」のほうがおいしいと思います。

「加ト吉」が一発で漢字変換されたので驚きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2005

上海料理・点心のお店 高記

日曜日に「高記」という上海料理・点心のお店に行ってきました。観光雑誌に割とよく特集されている永康街にあります。ここは、家から歩いていける範囲です。・・・車を持っていないので歩くか、公共の交通機関しか交通手段がなくなりました。「歩ける範囲」という許容度が上がっているかもしれません。
順番待ちで混み合う鼎泰豊の入り口を見ながら通り過ぎれば、永康街の入り口です。高記はその街の入り口すぐにあります。
席に着くと、こちらも日本人が多いです。お隣の席も日本人です。店員さんもカタコトを話せるようです。雑誌に載るとすごいですね。
1これは料理名はわかりません。棚にいろいろ並べられている小皿で気に入ったものがあれば自由に持ってきれて食べることができます。どこかで監視されているらしく、会計時にはちゃんとこの分は加算されます。
2清炒時菜です。これは空心菜(アサガオナ)を使っています。他に菠菜(ホウレンソウ)か補單(なんだろう?)を選べるようです。この緑色の炒め物、夫が好きです。この料理があるところでは必ず頼んでいるような気がします。
3薺菜小龍包です。普通の小龍包に印をつけたと思っていたのですが、どうやら野菜入りに印をつけてしまっていたようです。薺菜ってどんな野菜かわかりませんが、クセがあるわけでもなくおいしかったです。ヤケドせずに食べることができました。
4蝦肉餛飩です。ご飯か麺か、お饅頭でも・・・と探してオーダー表に印をつけました。でてきたのはスープ。アレ??お饅頭は、「包子」という字がついているもののようです。まあいっか。他のテーブルを見ると、お饅頭は私たち二人では食べ切れなさそうな量でした。
このほか、デザートに杏仁豆腐を食べました。杏仁豆腐は二人で1つで良かったかも。満腹になりました。私がとった杏仁豆腐のほうはサクランボ入りでした。これが異常に大きかったです。大きすぎて変。写真は撮り忘れました。
値段も特別高くなくて○。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2005

台北101

またも、台北101に行ってきました。今回も上には行っていません。
先日は夫と一緒に行きましたが、あまり、方向感覚のない私。あと2回は一人で行ってみないと、バスの乗り方を覚えられないであろうと、判断し行ったのです。
朝、夫に教えられたとおりのバスに乗り、教えられたとおりのバス停で降りました。そして無事着きました!三越のA9、A11の前で降りられたので、バッチリです。さっそく、台北101へ。前回、ヨガマットを101か、三越で見かけたような気がするから見てきて、との夫からの指示をこなさなくてはなりません。101を相当ウロウロしましたが、見つかりませんでした。昨日も日本人多かったです。頭で訳さなくてもコトバが理解できる~と喜んでいるとそれは日本語を話す人たちの会話が耳に入ってきているだけなので、当然です。
ヨガマット探しのため、三越にも行きました。なんでこんなにお店があるのだろうと思うほど、現在の三越4棟の建物の中にはテナントがたくさんあります。化粧品コーナーなんて、全部の棟にあるのでは・・・?
夫のお探しのヨガマットらしきものを発見することができました。
たたみがあれば、ヨガマットっていらなかったんですけどねえ。現在は床の生活ですから、ストレッチ体操をするのに必要らしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2005

微風広場(Breeze Center)

住んでいる台北市は私の人生史上、もっとも都会です。周りにたくさんデパートがあります。
あちこち(と言っても、まだあまり行っていないか)のデパートを見て、今のところ微風広場(Breeze Center)がお気に入りです。そごうや、三越はもともと日本から来たものですが、微風広場はおそらく、台北市が本拠地のはずです。でも、やたら日本製品が多いです。食品売り場は日本人(外国人)向けですね。野菜はほとんど、日本産です。でも玉ねぎが1個28元(100円近い)!なので、野菜は近くのスーパーで買うことにしています。
それに、そごうだとレジの際にいちいち「Happy Go カード(たぶんポイントカードのこと)は持っているか?」と聞いてきます。こういう場合、面倒なので日本ならカードを作ってしまうところですが、まだ言葉ができないので作っていません。ものすごく、そごうでの買い物の機会があり、言葉ができるようになったら作ろうかな、と思います。
このデパートには紀伊国屋書店もあってお気に入りです。日本のヘタや書店よりよほど品揃えがいいと思います。夫とともに絶賛です。それにしても、台湾の人は堂々と立ち読みしますね。立ち読みどころか、積み上げられている本に腰掛けちゃっている人も・・・・。日本語の本売り場をうろうろしていたら、レシピを書き写している人もいました。
トイレに行きたくなり、たまたま3階のトイレに入りました。どう用を足そうか、悩みました。家まで我慢しようか・・・。運転マナーが日本に比べ乱暴な此処。バスに乗っている際に、交通渋滞に巻き込まれるかもしれない・・・。我慢はよそう、というわけで思い切って入りました。意気込んだのに、そこのフロアは全部、和式便座でした。本屋をうろうろしながらも、トイレのことで脳内の7割を占められていたトイレ問題だったのに。
今度から微風広場に行ったら3階のトイレに行くことにします。こうして、また微風広場の高感度はアップするのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2005

実家からの手紙

昨日、大きな封筒が届きました。実家からでした。
台湾に来るまえに、郵便物はすべて私の実家へ転送してもらえるよう手続きをしてきました。それが大量にたまったようです。封筒の中にはたくさんの郵便物が入っていました。私宛、夫宛をあわせると15通ほどあったでしょうか。
一緒に母から手紙も入っていました。父は相変わらず、お酒をたくさん飲むようです。もうちょっと摂生してくれると良いのですが・・・。
その前日には、夫の会社同期の奥さんからハガキが届きました。寒くて、もうストーブを出した、と書いてありました。11月になったので、日本の早いところはそろそろクリスマスツリーの点灯が始まるっているかなあ。
先日までハロウィンでにぎわっていました。こちらはいつごろから、クリスマスムードになるのでしょう。日本だとクリスマスと年末、お正月で気分が盛り上がります。台湾はクリスマスはあまり重視されないかな。一年間は初めてばかりなので、観察したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2005

ニューハーフの多い街

台北はニューハーフが多いのかな、と思っていました。
というのも、デパートのトイレに行くと、女性トイレなのになぜか便座が上がっているのです。最初は、先に入っていた人は女性に見えてそうでない人だったのだと理解していました。また便座が上がっている個室に入ったときは、掃除直後に入ったのだと思っていました。次に、また便座が上がっている個室に入ったときは、またニューハーフの次か・・・と思いました。ニューハーフ多いな・・・。
今日、他のブログを見てしったのですが、どうもニューハーフの仕業ではなさそうなことがわかりました。
衛生面の問題もあるようで、便座を上げ、和式便座風に使う人が結構いる、というブログを読んだのです。
現地の人が衛生面の問題で・・・・というこの状況・・・。慣れていない日本人もそのように用を足したほうがいいのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »