« アパート道路入り口に警察が! | Main | 多少は違いの分かる女 »

October 31, 2004

五百円札を思い出す

と、タイトルに書いたものの、五百円札はまったく覚えていません。
明日、新紙幣が発行になります。20年ぶりの紙幣刷新なんですね。となると、20年前にお札からコインへと変わった五百円については記憶がないのです。小さいころ、マンガ「あさりちゃん」を読んでいて(その章がどんなネタだったかは忘れた)、五百円札が描かれていたのを覚えています。その時に、五百円札の存在を知ったような気がします。
今、五百円玉貯金というのをやっています。「この缶に五百円玉をいっぱいに入れると10万円になりますよ」というアノ缶を使っています。そろそろ、7万円くらいは貯まったのではないかとときどき持ち上げてみるのですが、夫の判断によると、まだまだ4万円くらいしか入っていないようです。半年くらいで簡単に貯まると思っていたのですが、予想していたより時間がかかっています。それでもやはり、ときどき持ち上げるのが楽しみです。
小さい楽しみですが、五百円札ではできないことですね。
さあ、新紙幣は私の手にはいつ回ってくるのでしょう。

|

« アパート道路入り口に警察が! | Main | 多少は違いの分かる女 »

日本での生活のこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54316/1817931

Listed below are links to weblogs that reference 五百円札を思い出す:

« アパート道路入り口に警察が! | Main | 多少は違いの分かる女 »